FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・今年も柿簾終了の段為り。

                今年も、柿簾終了の段為り。(10/30/18)
 寝床アイドリングもしたし、起きるとするか。今日も柿簾の紐外しをするとして、何処に、並べるとしようか。

 廊下なら、生柿の並べを移動して置くか、戯画廊の6畳に並べるしか無いだろうな。さてさて、如何すべぇや。

 朝の定位置二畳小部屋のカーテンを開けて、モーニングコーヒーとする。眩しい日の出にカーテンを少し引こうと思って居る間に、灰色雲の進行でお天道さんが隠れて仕舞った。

             雨に成るかも知れないから、朝飯前に遣って置くと致そう。

 六畳に並べる事にして、廊下に座布団を敷いてラジオを聴きながら、3連ずつ取り外して、紐外しをして行く。紐を外してヘタのフックを剪定鋏でカットして、柿を揉み解して、六畳に敷いたシートの上に並べて行く。カットした小枝、ヘタのゴミを小箒で塵取りに取ってゴミ箱へ。そんなチマチマ作業の繰り返しで在る。胡坐掻きから立ち上がる時は、ヨツコラショの声上げで在る。嗚呼、腰が痛い、膝が痛いのロートル愚痴で在る。

 古希連の同級会では座敷き宴会で在ったから、殆どがドッコイショ、ヨッコラショ、痛い痛い、背が縮んだの異口同音の『嗚呼、歳は取りたくない』のボヤキで在った次第で、とほほで在った。

 仕事は、引き算で在る。終わった終わった。9時半で在るか。今年も、奇麗に並んだ物では無いか。完了すれば、流石にA型道産子の真面目さで在る。柿簾、ネットも無く為って、物干し竿には採り残しの3個だけが吊るされて、すっきりした。

 廊下には、黄橙色の熟し柿用が25個、日差しに輝いて居る様で在る。ロートル独り暮らしの何とも早や、穏やかなにしてのほほんとした眺めで在る。

 好し好し、これで、その内にAが奇麗な孫娘を連れて遊びに来て呉れるから、吊るし柿をスイートにコーヒーが飲めると云う物で在る。Rの干し柿は美味かったとの由で在るから、自信を持って出せる高級和菓子で在る。また、美人後輩の秀子さんにも、一面真っ白に粉が噴いて呉れば、皮剥きをして呉れた分をプレゼント出来る訳で在る。アハハ!!

 例年だと11月に入っての収穫なのに、今年は1か月も早い。さてさて、出来上がりは、如何な物だろうか・・・。

 昨日はスーパーから味噌漬け用の味噌を買って来たから、小茄子と小振り辛子大根も塩漬けの水も上がって来たから、その内に水洗いをして大笊に天日干しをして、味噌漬けに供する事に成ろう。

 そうこうして居る内に、個人スーパーには沢庵漬け用の大根が店頭に並び、大根干しの時季とも成る。その間に、百日紅、コブシ、渋柿の枝下しの作業をこなして行かなければ為らない。何やかやと酷寒の信州の冬への備えが進んで行くのだろう。

 人間の歴史は、狩猟採取の食料調達が生きる術だった訳で在る。有史8000年、お陰様で分業化、細分化、特化の蔓延した現代生活に在っても、お役御免の時間だけは在り余る生活なので在る。従って奮起一発で極力、非効率に徹して『晴耕雨読』では無いが、DIYの生活をして行くのが、人間本来の姿にも通じる事にも為ろう。

  便利さ、快適さの中に埋没して仕舞えば、寄る歳波で思考力も感性も衰退して行くだけで在る。

 折角、この世に生を受けて、『するべき事、しなければ為らないの柵』の中で心為らずの道も歩んで来た道程で在る。それなりの任務完了で再び自由の生活を得たので在るから、自然体で自分らしく、身の丈でマイペース道をこなして、目立たず地道に『寂滅』を待つのが筋と云う物で在る。

 幸い、病気も体調の不具合も、今の処は無いから、余り『世間の毒』には近寄らずに、『此の儘の生活スタイルの推移』で行きたいものと考えて居る次第で在る。へへへ。

 ヤクルトコールを受けてから、朝飯、入浴、洗濯と進めば好かろう。そんな次第で本日分ブログ打ちをして居る内に、空は快晴の運びと成って居る。ラジオでは、国会中継が始まって居る。

 ヤクルトコールが在って、小部屋から行くと、開けて在る六畳の柿の並べを見て、『干し柿ですね、早いですね』との由。

 作った事の無い世代で在るから、干し柿は市販品の食べで在ろう。交替して何度か観察して居ると、其れなりの『講釈』は得意らしい。保存が如何のこうのと、未完成とタカを括って居る態度が面白くないから、一つ味見をさせて遣る事にした。へへへ。

「ウワァ、美味しい。柔らかなゼリーを食べて居る様な食感ですね。」と来たもんだ。こんなに沢山作って如何するんですか?と来たから、子供、友達に季節の味としてプレゼントするんだと云えば、「独身じゃ無いんですか。結婚して居たんですか」と云うから、「男一人じゃ、逆立ちしても、子は出来んわな」と応える。

              私のマイペースの生活体は、『貴族の様だ』と云う。

 そう云えば、心友のTも私の生活態度を、手作り生活、趣味の多さ、散歩・・・etcと、時間をゆったり使う様は、哲学と花鳥風月に遊ぶ『お公家さんの暮らし』と、感心して居た。加えて米屋さんも、学者、芸術家、お公家さんに見えると云うから、ホンマかいな?の段で在る。

 いやはや、世間様は兎角、『勝手な想像』をする物で在る。内実は、底辺貧民の閉じ籠もりロートルの生活体に過ぎない『寂滅の姿』が、その実態でしか無いのだが。

 さてさて、好いお天気さんで在るから、すっかり遅く為って仕舞った『朝飯兼昼飯』を食べて、入浴洗濯後はブラブラ散歩でもして来ると致そうか。ロートル熊男も歩けば、一寸の好機を得むの喩えも在ろうか?で在る。アハハ。



スポンサーサイト

コメント

^^

本人の思う自分はAではなく他人からはBに見えるという論理ですね。
ともあれ。Rさんの人徳でしょう。
やはり「あの時」総理大臣を目指すべきでしたね。
そうであれば。
今のような背骨のない日本人が増加しておりませんでした。

あ。戯言失礼しました^^

No title

              waravinoさんへ。

 こんばんわ。そうですか。学校出たての頃、組合を遣って居りまして、組合関係者から、市会議員⇒県会議員の勧誘が在りましたが、その当時は議員職には人気が無くて、そちらの方には進まず終いでした。
 
 友人からも政治家に向いて居るなどと唆されましたが、性分に合わなかったと思います。根が戯けタイプですから、好きな事も出来なかったと思います。へへへ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!