FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・考えれば、

                  考えれば、人間トホホ為り。(11/3/18)
 お隣の庭師に触発されて、柿の老木のニョキニョキと乱立した今年の枝払いをすべく、一番の高所恐怖作業を、如何にか二連梯子で遣り終えて、膝がガタガタ震えて居る次第で在る。次は脚立でのスモモの剪定をする。実の生らない駄木では在るが、春には白い小花が咲き乱れるので『花木』と云った処で在る。続いて、サクランボの枯れ枝を手ノコで切り落として、本日の作業を終了させて、風呂に浸かって筋肉痛の予防とする。

 大仕事を無事に遣り終えて、気分も体もスッキリした処で、スーパーまで歩いて買い物に行って来た。肝臓機能維持の為に、レバーを食すると致そうか。

 この2、3日の冷え込みで、抜ける様な青空の下には、東山山系の上から紅葉の始まりで在る。スーパー横の道を行けば、相変わらず、スーパー横のS大の留学生寮の庭は、雑草の生い茂りの様で在る。いやはや、此処だけが願い下げのズボラ光景で在る。

 日本国家の厚意に依る『格安の一年入居者達』は白人、アフリカ人、東南アジア人の留学生達で在る。その敷地の景観を維持する感覚が欠落して居る様は、古風な日本人感覚からしたら、作法を知らぬ外国人に、日本を汚されて居るとの『憤り』を覚える次第で在る。

 街並み、日本文化、日本人の生活態度は、近時、クールジャパンとやらの人気らしいが、折角、憧れの国・日本での留学体験なのだろうに、清潔、安心、安全、おもてなしの日本での傍観者、只乗り、便乗者だけでは、意味が無かろうに。彼ら、彼女らも当然の如くして、日本国土の一員としての留学生活なので在る。

★何を考えとるんじゃい。郷に入ったら、郷に従うのが、人間としての最低限のルールじゃろうに。

 秋の始まりの頃、スーパーと留学生寮の間の駐車場と未舗装の道に、70代と思しき女性が何日か掛けて、草取りをして居る姿が在った。松本市は『花一杯運動発祥の地』と云うそうな。寮との道堺には、春は苺が実を付け、他の花も咲く、現在はマリーゴールドが咲いて居る。

 一方、フェンスの中は、川原状態の雑草の密集帯と成って居る。その雑草帯には税金の無駄使いで、年に2回程の業者の手が入る。大学生で在るから、70代女性は、自分達のお婆ちゃんの歳で在る。大学生で在るから、朝から一日授業が在る訳では無い。寮に居れば窓から、自分のお婆ちゃんが住む景観を整えて呉れて居るので在る。

『義を見て助けざるは、勇無き事なり』で在る。留学生で在るから、国に帰れば其れなりのエリートの道を歩む事に成るのだろう。日本のお婆ちゃんは、家政婦では無いので在る。未だ暑い中を黙々と、貴い奉仕の行いを見せて呉れて居るので在る。正しく自然体のクールジャパンの行為で在ろう物を。

  ★極普通の日本人目線として、留学生達の無関心、感受性の無さに腹が立つ次第で在る。

 私としては他人様の国に草鞋を脱いで、共益地たる学生寮の清掃行為に外国人と云う自治力を何故に発揮出来無いのかと、『軽蔑の感』で在る。他人様の国に草鞋を脱げば、其処で問われるのが、『お国柄・民度』と云う物で在ろうに。

    ★土台、勉強をする素質の無さにうんざりする次第で、正直な感想で在る。へへへ。

 生まれながらの『人間の自然権』とやらの自由、平等、友愛、自治などと、一丁前の近代思想を吹聴した筈の西洋文化圏にも拘らず、彼等が新天地米大陸で先住民達に働いた蛮行の数々を歴史絵巻に準えれば、有色人種への徹底した差別と侵略行為でしか在るまい。崇高な近代思想論は『白人内価値』でしか無かった次第では在るが、実際は口ほどでも無い文化程度でしか無い処が、観察としては面白い処で在る。

        ★先進国日本に留学する位で在るから、『然程の馬鹿』でも在るまいに。

 現国会では人口減少化、労働不足とやらで、実質的な『移民受け入れ法案』が、上程されて居るとの由。労動力の受け入れは、原材料、部品の購入では無いので在る。

 労動力とは人間で在る。人間で在る以上、人種の違い、文化、宗教、価値観、行動様式も日本人の縄文時代から培って来た国風とは『大きく違った人達の受け入れ』を意味する。

 その意味する処を難しく考えるまでも無く、自分の身体に準えれば、本能的に理解出来る筈で在る。自分の身体に他人の臓器を移植すれば、異物に対する『生体拒絶反応』が惹起されるのは、『当然の生理現象』で在る。

 経営者、施政者がマクロ政策を採るのは何時の世でも仕方の無い事では在るが、日本の屋台骨を支えて居るのは、移民導入で日々職場で、生活の場で外国人と接するミクロの日本人なので在る。生活者目線から逸脱した政策は、政権の交代以前に、日本の生活者たる日本人の衰退に繋がる物で在る。

 このブログで何度か打って居る次第では在るが、社会には自然人と法人が併存して居る。一人一票の選挙権の行使は、自然人にだけ認められて居る権利では在るが、一端選挙が終われば、社会、国家に幅を利かして来るのが、『法人の社益』なので在る。そして社益の本質は、国益から離れた『社利』なので在る。

 明治の草創期の時代に西周(にし・あまね)が、Righsを『権利』と誤訳した処から始まる、正訳の福沢諭吉の『権理』との齟齬が、現代の自然人の願う『国益』と法人が血眼で追い続ける『社利』の乖離を晒し続けて居るので在る。

 法人の下で、自然人は『社畜』に身を落として居るので在る。古代に照らし合わせれば、自営農集団の中間層が、大土地所有者の小作農と為って国力の疲弊を生じて、ローマの一致団結の中間層の復活を唱えたシーザー前の時代の改革者グラックス兄弟の非業の死、中国・漢代の郷挙里選の如く大土地所有の豪族の台頭により、上品に寒門無く、下品に盛族無しの世で在ったし、唐の時代でも早々の均田制の崩壊で在ったし、宋の時代の官戸、形勢戸の大地所有者層から為る科挙官吏独占時代に於ける王安石の改革なども悉く失敗に帰して居る。自作農復活による中間層育成の試みは、ローマ、漢、唐、宋、その他に於いても失敗を重ねて居る。

 兎角、人間の歩んで来た道には、古今、洋の東西を問わず、農耕社会、商業社会、工業社会、産業社会を問わず、持てる者と持たざる者との葛藤・対立が常で在る。形式の民主主義は、空しい様で在る。
民主主義は、中間層の厚みに依って機能する事を忘れては為らない事を、歴史は懲りない証左として物語って居る筈なのに、そして大航海以来の世界一体化時代の進展に依って、今や金融支配が、世界一体化の本流を為して居る様で在る。

 人間疎外の『社利』が世界通貨のドルに依って、ベルトコンベヤーとして世界経済を主導して居る時代で在る。人・物・金・情報・知的財産権が、人類を牛耳って居る時代で在る。富の集中化は、取りも直さず人間の道理を死地に追い遣って居る。人間の最大公約数的幸福を担うべき中間層の敗退は、民主主義を枯渇に追い遣って居ると観るべきで在ろうに。

 企業に於ける冨の配分=労働分配率、冨の社会還元と云った人間の道理が、最小化して行けば、それは『中世の暗黒の時代への回帰』でしか在るまいに。

 歴史が人類の教師と為って居ない処に、人間の不遜さが渦巻いて居るのだろう。いやはや、困った物では無かろうか。

 遺憾いかん、何処で如何間違って仕舞ったのか、中指が変な方向に打ち進んで行って仕舞って居るでは無いか。変な夢に魘され無い様に、部屋移りと致しまする。とほほ為りや。

 明けて本日も、好天の朝日が拡がって来た。廊下の金華鳥の朝告げ声が小さいから、藁巣の中を覗くと、何と小さな白い卵が一つ産んで在る。

      ★おいおい、そりぁ無いだろう。番いに為って、未だ3日では無いか。

 モーニングコーヒーの友は、T好みの吊るし柿一つの甘味とする。さて、本日はどう過ごすべしやで在る。先ずは朝飯からで在る。へへへ。



スポンサーサイト

コメント

^^

入管法改正・・・て。事実上の移民受け入れ。何を今更。もう日本は世界第4位の移民受け入れ国。小さな島国を壊すつもりでしょうか。

経団連の熱烈歓迎はいい加減にしろ!毎年数知れず増える行方不明の外国人労働者たち。言語不自由な連中がストレスで逃げ出すのは当たり前。数を揃えればいいってもんじゃない。相手は人間だ。働くロボットじゃないんだ。

金のかからない留学生たち。翻って日本人学生にはキツイ奨学金制度。koreaの留学生が「オレはタダなのに。友達の日本人学生はバイト漬け。気の毒に思った」なんでこんな矛盾がまかり通るのか?

金がかかるからこそ。学問をする価値が高まる。金を無駄にできないからだ。それでも学生が集まらないならサッサと大学終了でいい。本末転倒した大学は消えればいい。

大量移民。様々な宗教を持つ人々。古代から少しづつ移民したからこそ。日本人は日本人であることを保ったのであって。彼らも自然と馴染んで行ったのだ。安倍総理の「移民ではない」は総理自身。矛盾を抱えた不本意な発言でしょう。

今。儲けかればいい。都合が良ければそれでいい。未来を考えない思考では日本は日本ではなくなる。先人の知恵・伝説・神話を忘れた民族に明日はない。と。憤懣やるせなく候!駄文失礼!

No title

              waravinoさんへ。

 お早う御座います。コメントに拍手喝采で在ります。全てに於いて、我が意を得たりで在ります。私の駄文を消去して、この文章と差し替えたいのが真実の処で在ります。

 経営者、官僚、政治家共よ。日本の市井の良民を小馬鹿にするにも、てぃげぇーにし遣がれ、手前らの滅国根性を恥じる気が無ぇのか、この腐れ野郎共って思いで在りまする。

 こんないい加減野郎共が、国税を貰って日本の政事をして居るのですから、怒り心頭にして、怒気髪起の態では在りまするが、哀しいかなスキンベッドの我が身為れば、如何ともし難き、身の不幸で在りまする。

 敗戦による自虐史観に毒されて、本来の民族意識すら消滅させて、下らない世界平和だけを妄信する事なかれ主義の蔓延に唯々、呆れ返って居る日々で在りまする。

 移民問題で国柄喪失の危機に陥って居る米、EU諸国の現状すらも分析出来ない連中は、如何云う脳構造と為って居るのか、普段は、何でもかんでも欧米ではなどと、生意気面にも比較資料を出して論を張る連中が、実質的移民策を採ろうとしているして居る訳ですから、日本国の立場に立っての国策を講じられないのは、何たる愚脳かと憤りが先行する次第で在りまする。

    正に『国柄喪失』に直結する『日本国の危機たる状況』で在りまする。

      コメント感謝感謝の段で在りまする。有難う御座いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!