FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・丈夫で長持ち為り。

                これ、貧民の丈夫で長持ち為り。(11/4/18)
 24時間が過ぎれば、一日が加算される次第で、真に呆気無い程の日の進みで在る。早や11月も4日で、妖怪様の月命日で在る。好物の熟し柿用の生柿と吊るし柿を仏壇に供えて、お茶、灯明、線香でチィ~ン、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏とした朝で在る。

 今朝は曇天で在る。廊下の吊るし柿を缶に収納する。丁度2缶と成った。後半分は6畳分で、もう少しの乾燥が必要で在る。保存用に天日干し中の本瓜の味噌漬けも完成の運びで在るから、タッパに収納すれば良かろう。梅干しも味噌漬け、特辛味噌も、独り食卓には重宝この上ない代物で在る。

 本日、日曜日で在るからして、遣る気を起こさせない曇天の寒さは丁度好い次第で在る。空気が暖まって来れば、枝下しの始末をすれば好かろう。

 クラシック音楽のお時間の後は、政党討論会のスタートで在る。この頃では、すっかり歳の所為で、面白くない番組と為って仕舞って居る。実質的移民政策は、廃案の兆しが濃厚な感じで、一安心で在る。飯も炊けた次第で在るから、朝飯の用意をする事に致そう。

 飯後は金華鳥の藁巣を覗けば、一日起きの産卵で、2個目の卵が見える。雄が巣に入って居るから、初番いにしては優秀な物で在る。今までの飼育観察では、最初は孵化に至らず、二回目が孵化しても餌が与えられずに失敗、三度目の正直で初繁殖の術を覚えて行くと云うのが、私の観察総括で在る。

 買って来て、鳥籠に放した途端の交尾に面食らい、直ぐ様の産卵と相成って、飼育観察史上、最速の進みで在るから、驚愕の態で在る。

 一日起きで5~6個の産卵で、通常2個目からの抱卵、抱卵14日で孵化と云うのがフインチ類(雀類)の通常で在る。従って11/20頃には、初繁殖の結果が分かる次第で在る。さてさて、如何なる物やら、金華鳥との付き合いは始まったばかりで在る。

 ちょいと朝飯を食べ過ぎて、満腹状態で在る。曇天寒空にして日曜日で在るからして、温い布団に逆戻りして、『歌の日曜散歩』でも聞きながら、のんびり過ごすと致そう。歌と語らいの、中年男女アナウンサーのゆったりした日常感ある雰囲気が、ロートルには有難い次第で在る。
 
 それを聞いた後は、本日のアリバイ工作で、梅枝の整理で、剪定鋏、大型カッター、手ノコで暫しの庭仕事とする。お天気さんも好く成って来たので、前倒しの河川敷散歩に出掛ける。A橋下の遊園地では砂場で幼児を遊ばせる母親、子供二人と昼食をする母親の姿で在る。座敷き犬2匹を連れた婦人から、コンニチワの挨拶を頂戴する。お天道さんが出ると、日曜日だからと云って寝床に燻って居ては、罰が当たると云う物で在る。久し振りにカルガモ三羽のファミリーを見るが、お目当ての冬鳥の姿は無い。

 帰りにハコベを一掴み、お土産として持ち帰る。散歩から帰って、コーヒーの一服をして居ると、再び雲って来た。丁度好い時に枝の始末も散歩もして来たから、台所遊びで時間潰しと致しまする。変わり映えのしない日々では在るが、倦怠感も無く日々が送れるのを好しとすべしで在ろうか。

      へへへ。これを称して、貧民の『丈夫で長持ちの日々』と云うのだろう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!