FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・男二題為り。

                     男2題為り。(11/8/18)
 おかしいと思って居たら、遺憾いかん。本日は金曜日で無く、木曜日で在った。一日早目の落ち葉出しでは在るが、大勢に影響無しで在ろう。中国製ラジカセはまたまた、機能不全でテープが聴けなく成って仕舞った。困った物で在るが、これも正常なので在ろう。

 昨日はガス屋さんの集金で、珍しく午後からの月に一度の男トークの時間と為って、愉しい語らいの時間を持てた次第で在る。

 何時も貰ってばかり入るから、差し入れと、ドリップコーヒーを持って来て呉れた。早速コーヒーを入れて、コーヒーの共に寝かせ中の吊るし柿で、米中経済戦争に準えて、中国史、戦前の日露戦争後から始まる米の日本封じ込み、叩き潰し、第二次世界大戦後のブレトンウッズ体制~米黄昏期のお浚いをして見た次第で在る。

「Rさん、日本史は疎いなんて言ってるけど、並の知識じゃ無いですよ。時事問題、映画、俳優、歌、人物評にしても、兎に角、レパートリーが広いし深い。話して居て、飽き無い人ですわ。」

「引っ込み思案、人付き合いが得意な方じゃ無いから、俺は独り空間が好きでね。そう為ると自然と、観察のお時間が長く為るって具合でね。今は年金生活の末端底辺貧民遣ってるから、忙しい現役世代さんに『代行』して、娑婆観察をしてるって処さね。
動画見てると、歴史を良く知って居る人の言は、矢張り信用出来るしね。そう云った評論家諸氏の努力は大した物だと感心してるんだけどね。
 人間と云うのは、忘れるのが商売だから、一日を何等分かして、世界史、日本史、経済、文学、時事問題に関して、『記憶力の手入れ』をして居る筈だよ。」

「まぁ、商売柄、それが彼等、彼女らの日課なんだろうけどね。何事も、一朝一夕じゃ、自分軸も人格も出来ちゃ来んしね。幾ら記憶力が良くても、そう簡単にはマルチ頭脳には為らんわね。出演が在ると、それなりにお浚いをして来る筈だけど、歴史的な素養が無いと、試験前夜の丸暗記と同じでさ。所詮、偉振った処で、雰囲気は正直な物でさ。『底の浅さ』が暴露されちゃうから、物云わぬ観察者に馬鹿にされるのが『落ち』ってもんでね。頭、口で商売をする人達も大変だと同情して居るだけどね。へへへ。」

「そこそこなんですわ。R節の凄い処が。月に一度のR講座だけど、チョイと話を振れば、極彩色の画廊から自然な感じの庭を見ながら、吊るし柿を食べながら、コーヒー飲んで、立て板に水の歴史を縦軸に採った移民問題もS大留学生寮の、伸び放題の雑草が象徴する文化の違いにまで解説が及ぶんだから、質の高い文化講演のですわ。哀しいかな、俺には出来ないけど、日本人の質の高さ、レベルの高さを象徴して居る様な人で、日本人を誇らしく感じますわ。頭デッカチで無い処が、Rさんの真骨頂で、三代でする川遊びなんて、読ませて貰っても、目に浮かぶ様で、嗚呼、これが悠々自適、晴耕雨読の理想的老後と憧れて居る訳ですわ。」

 そろそろ帰ると云うブロンソンさんに、お返し物に梅酒をペットボトルに目一杯入れて持って来る。晩酌をすると云う酒好きのブロンソンさんで在るから、ニコニコ顔で在る。へへへ。

               これから晩飯の用意をしようかとして居ると。

「Rさん、生きてるかや~!!」
「あい、残念ながら生きてるんね。」

 2級上の二本線先輩殿で在る。今年も出来たから味見と吊るし柿を出せば、現役時代のお偉い人で在る。剝き身じゃ無くて、何か袋に入れて呉とのリクエストで在る。これから朝夕2回の夕刻散歩との由で在るから、お伴をする事にする。72と70の道行きで在る。

 体調は如何にと聞けば、芳しく無く、『余命2年』と云うから、未だ2年も在りぁ、御の字と云えば、俺をそんな早く殺すのかと云われて仕舞った。アハハ!!

 相変わらず、先輩殿はフットワークが好い。S大構内を通って、体育館、文化ホール、護国神社の銀杏並木を通って、先輩の目の保養女性の働く事務所を覗いて来る。

「如何だい?」
「髪、眉毛、目と黒を強調したメイクで似合いだけど、俺はヤッパリ、金髪素顔の方が好みだね。」
「素通りするだけで、良く観察して来るもんだ。如何云うメカニズムに為ってるんだ。」

「女をジロジロ見るのは、素人せ。俺みたいに玄人に為ると、粗相の無ぇ様に、遠くでバシャとシャッターを押して、残像で吟味するんだわね。」

「やいやい、Rさんにぁ逆立ちしても敵わんわ。残像吟味たぁ、こんな田舎町に住まわせて置くのが勿体無ぇぞや。」

「そりぁそうせ。『一期一会』って云うずらい。全神経を集中させて、脳内シャッターをバシャリせ。『一瞬一生』の心得って言葉も在るんね。あい~。」
「聞いた事ぁ無ぇな。英語だと如何云うだ。」

「シンプル・イズ・ベストに因んで『リトルショート・イズ・マイロング』って事ずらい。ヒヒヒ。」

   相も変わらぬ軽口叩きをし合って歩けば、あっと言う間の散歩コースの周回で在った。

 件(くだん)の如しで、昨日は連チャンでの脳軟化症の『頭の酷使』が祟って、冒頭の曜日錯誤の様で在った。本日も好天のお日柄で在る。今の処、さしてする事も無いから、散歩替わりに、紅葉を追って自転車でサイクリングとして来る事に致そうか。へへへ。

 上り勾配のペダル漕ぎは汗の出る始末で在るが、山の紅葉・黄葉の迫り、人家の樹木の彩、学園一帯のドウダンツツジの燃える様な紅葉の見事さに、それに校庭の欅の落ち葉の舞いが何とも風情の濃さで在る。S大の女子学生らしき二人が、並んでスマホの笑顔撮りをして居る。

 途中で買い物に寄り、自転車を北に向ける。少年刑務所の通りから始まる上り勾配のきつさに、何度か自転車を降りようとは思ったが、それでは番から男の面汚しで在る。ヒィ~ラ、ひい~こら、漕ぎ上がて、男の面目を保った次第で在る。

Uターンして、後は『苦あれば楽あり』の眺め自由の流し自転車で在る。大分早いが、此処まで来たので在るから、米屋さんに寄って帰ると致そうかで、米買いもして来て、本日の運動量をこなして来た次第で在る。

         丈夫で長持ちをモツトーに、さてさて、本日、午後の部で在る。ヘヘヘ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!