FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・好い一日の流れ為り。

                   好い一日の流れ為り。(11/10/18)
 今朝は暖かい気温で在った。暖かさで、夢を見て居た。楽しい夢で在ったが、女ゼロで勿体無い事をして仕舞った物で在る。    まぁ、それでも好い夢は楽しい物で在る。然しながら、お天気さんは曇天で在る。竹箒での落ち葉掃きで在る。然しもの大欅も大分隙々して来て、量も減って来た。もう少しで在るが、風も無いのにハラハラと舞い落ちて来る物で在る。この現象を万有引力と云うらしいが、引力が無ければ浮遊するだけで在るから、地球とは好くした物で在る。

 二段目の吊るし柿も、粉が噴き始めて来たから、態の好い桐の箱に入れて、美人後輩の秀子さんの処に届けに行って来る。大通りのコブシの街路樹の落ち葉も、大変な量で在る。律儀な周辺住民さんも、落ち葉の季節は大変で在る。

 本日土曜日、現役主婦さんで在るから、押しても中々、応答が無い。へへへ、身に覚えの在る現役時代で在る。

「はいよ。預かり物の返却だわね。」
「ええっ、もう出来たんですか。私の剥いたのが。Rさんだったら、化粧したのに。恥ずかしい。」
「美人さんは口を開けて寝てても、美人さんには変わりは無いわね。番から高の先輩後輩に化粧は不要だわね。紐付きの奴は、未だ橙色の高級和菓子だからさ。数は一つ足りないから、ジャンケンしてや。箱の奴は時々、蓋を開けて遣れば、ベト付かずに正月まで持つから。」
「すいません、顔も出さずに。大事に食べます。有難う御座います。」

 そんな次第で、一つ約束を果たしてショート散歩をして来た次第で在る。美人さんの顔も見れた事でも在るし、一つ善行をした思いで在る。そう云えば大昔のCMに笹川会長の『一日一善』なんて物が在った。アハハ。

 帰って来て、暑い飯を頬張る。新陳代謝の衰え&無職ロートルには、胃腸に負担の掛からない手作り粗食が、何とも美味いと感じるので在るから、可笑しな物で在る。

 11時を過ぎたら、散歩コースを変えて地区出品展に『義理の顔出し』方々、行って呉れば好かろう。散歩の友としては歴史整理として、どの辺りを現在と重ね合わせて反芻すると致そうか。

 雨が落ちて来そうで在るから、自転車にして昇り勾配にペダル漕ぎで在る。途中で膝がガタガタして来るが、『我慢我慢の運動量確保』で在る。個人スーパーの店頭には、ミヤシゲ大根も並び始めて、昨日の硬大根は売り切れで在る。来週は買って来て、大根干しを始めると致そうか。今年は実りが早くて、暖冬との事で在るから、塩をキツメにしないと、保存食と為らなかろう。

     おやおや、会場は殊の外の賑わいで在る。幼児を連れた母親連とロートル連で在る。

 地区文化祭には初めての足運びで在るが、松本市合併前は大所帯の村で在ったから、展示物は2会場に亘って居る。外では野菜の売り場が在ったり、焼きそば、豚汁、カステラの屋台も出て居る。会場に入ると町会の民生委員さんが、私の絵は別会場の2階との由で在る。

 一応、足を運んだので展示品を一つ一つ観て行く。絵、写真、焼き物、書、手芸品などが、ジャンル別、町会別に展示されて居る。老後施設の入居者からの展示物も在る様で、車椅子で押されて来る人も何人かに居る。こりぁ、凄い、大した物だと感心する書、写真、絵画、焼き物が五点程在ったし、中学生の木工作品も在り、庶民の趣味の一端を見る事が出来た。有名、無名を問わず、好い物は好い。中には昔の映画のポスター(椿三十朗、柳生一族の陰謀、アンコ椿・出船)も在って、『昭和の時代』も、立派な展示物に為るのだと、感心させられた次第で在る。

   見に来て居た人の話に依ると、吾が町会は数も多くてレベルの高い町会との由で在る。

 町会の7年に1度の班長で、焼きそばトリオの一人が居て、話を交わすと、油絵然とした凄い写真の提出者だと云うから、流石に往時の有名女優さんのお従弟さんだけ在って、芸術センスの好さに感服した次第で在る。
 曰く、水面に映った紅葉を撮ったと云うが、説明を聞かなければ、油絵を撮影した物と、錯覚して仕舞う程のレンズ絞り、切り取りセンスの良さで在る。町会行事では、ちょくちょく言葉を交わして居るので、二人で感想を交換しながら、会場を回る。

 お互い、アリバイ工作の側面も在るので、一本線公民館長殿を探すが、姿が見えない。会場から出て来ると、通りの向かいに地区役員同士の話し込みの姿を見付け、二三言葉を掛けて『お義理の役目解除』の段と為った。

「Rさん、駄目だ、ありぁ、こっちの話を聞いて無いわ。歩いて来たなら、車で送るよ。」
「運動の為に、自転車で来たいね。じぁ、またね。」

 晴れ間が広がって来て、里山の紅葉・黄葉の迫りで、好い眺めの空気の美味さで在る。帰りにパン屋に寄って帰って来ると、庭の芝生で2本線先輩殿のゴルフ遊びで在る。展示報告方々、ちょいと話をして行く。

 雪除け、防寒の覆いの藁細工をしたりして居ると云う。マメで、好奇心旺盛な先輩様で在る。知的好奇心が旺盛でフットワークの良い人は、話をして居ても面白い次第で在る。加えて、お互いオツムも男子番から2本線同士で在るから、話の途切れる事も無い次第で在る。面倒見の好い人で在るから、お土産に辛子大根を三本抜いて貰い、堀起こしの里芋を頂戴して来た。

 久し振りに昼飯はパン屋の菓子パンとヤクルトで、甘味を補給した次第で在る。好い1日の流れで在る。へへへ。


スポンサーサイト

コメント

^^

愛知県・名古屋市に「昭和日常博物館」なるものがあります。昭和を「一定の時代」として捉えた貴重な物品・資料を収集した所です。実際。観に行く機会がありましたが。沢山のコレクションがあり。館内は夕暮れをimageさせる「明かるさ」を保ちつつ。心が穏やかになるように配慮し設計されています。「大きな風呂屋の広い板塀」も再現されてあります。貴重な体験でした。ブログもありますので「是非お訪ねください」名古屋市・広報課より^^

No title

                waravinoさんへ。
 こんばんわ。早速検索して、観て来ました。為るほど、充実してますね。思い出すと、昭和は木とブリキ、トタン、ペンキ、駄菓子・・・etcと手作り、工夫の温もりの時代だった。そんな昭和団塊世代の郷愁の故郷然として居るから、『昭和の時代』が、独立の象徴体に為って居るんでしょうね。

 好い情報を頂戴して、案内ブログ共々、読んで見て来た次第で在ります。昭和の時代は、中々大した物で、戦争と共に、日本人の生活の好い郷愁帯で在り続けるのでしょうね。

 題して『戦後復興庶民史・忙しくも、手作りと工夫の温もりの時代』。って位置付けられる事でしょう。へへへ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!