FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・北海道初雪

              北海道に初雪、稀勢の里4連敗為り。(11/15/18)
 普段は無残な松喰い虫の枯れを晒す近山で在るが、紅葉が下りて来ると、その中に留まって見えるから、目とは可笑しな物で在る。『木は森に隠せ、人は人混みに隠せ』では無いが、枯れは黄葉、冬枯れに隠せの図で在る。

 日中は暖かい日が続いて居る次第で、木枯らしの空っ風小僧は感じなかったが、粗方の木々は落葉を終えて、大きな袋に入った欅、桜、コブシ、銀杏の落ち葉が道脇に置かれて居る。日中は好天続きで高温が続いて居るが、陽の無い朝夕は流石に霜月の低温で、日較差が此処まで大きく成ると、気分的には熱し易く冷め易いの『砂漠気候』を実感して仕舞う次第で在る。

 中学時代はアラビアのロレンスの映画を見て、アンソニー・クイーン演じる砂漠の民・ベドウィンの身に纏う『厚手の外套の様な出で立ち』が、如何にも腑に落ちなかった次第で在るが、近年はその『謎』が解けて来た次第で在る。

 砂漠のアラブ系ラクダ隊も、トルコ系中央アジア、モンゴル系北東アジアの遊牧民族の生活も熱し易く冷め易い日格差の中で大変だったと思われると同時に、北米インディアンが登場する昔の西部劇では、大体が上半身裸の褌スタイルで描かれて居るので、インディアンを演じる俳優さん達は、さぞかし大変だっただろうと『同情』して居る次第で在る。

『古希坂』に入って、私の性格も些か捻くれて来て居る所為だろうか、昔のハリウッド西部劇は、北米インディアン絶滅策を採り続けて来た『白人唯我独尊映画』で在ったから、『インディアン悪存在説』を意図する余り、凶暴野蛮低文化をプロタガンダして、『白人正義説』を殊更装って居たのかも知れない。クリスマスの時季に成ると、ソドムとゴモラ、十戒、天地創造、ベンハーと『旧約聖書映画』が上映されて、非キリストにして無信心の私には大きな違和感を以って観て居た物で在る。

 長じて、ハリウッド映画がユダヤ資本のプロタガンダを世界に発して居たと云う事が、理解出来て来た次第でも在る。それは、『キリスト教史観』が如何に世界に流布されて居たかの驚きでも在った。

 メキシコ・アステカ文明を滅ぼしたのが、コルテス。チリ・インカ帝国を滅ぼしたのが、ピサロで在る。世界史上、ポルトガル、スペインが先住文明に行った残虐非道の蛮行は歴史上明らかにされて居るが、米合衆国が先住インディアンに加えた残虐非道の蛮行とて、大差の無いのが事実でしか在るまい。

 兎角、人間存在と云う物は『唯我独尊傾向』に陥る物で在る。白人のみ為らず、東アジアの毒亜圏とて、南京大虐殺、強制連行性奴隷慰安婦補償、徴用工補償と、自分達が他国、自国民に対する残虐非道の蛮行の歴史を積み上げて来たのを一顧だにせず、言いたい放題、遣りたい放題の愛国無罪&日本ディスカウト沙汰で在る。

 憎悪、感情で物を云う輩には、事実の歴史を述べて、一笑に付する日本の庶民レベルが構築されて来ないと、日本人総体のプライドは賄えないので在る。嘗ては四海を海に囲まれて四季巡る穏やかな日本列島も、異常気象の恒常化とも成れば、一日の寒暖差、押し寄せる異分子事には確りと自己防衛をして行くしか無いので在る。

         北海道初雪、稀勢の里4連敗、安倍・プーチン首脳会談為り。

 明けて本日、快晴の青空の広がりで在る。寝具を物干しに上げて、全戸開放の掃き掃除&空気の総入れ替え、廊下の鉢植え物へのスプレーをして、二畳小部屋での朝飯前のモーニングコーヒーで在る。今年購入のガーデンシクラメンの赤、変わり物3点の寄せ植えは、当初花丈の不揃いで、失敗扱いたと諦めの感で在った。それがシクラメンの時季を迎えて、変わり物2点が伸びて来て、大分バランスが整いつつ在る。

 斯様にして短気、短期観察は、間違いの元で在る。稀勢の里4連敗に勝負の世界、プロの世界は辛い。地位は実力とプライドの象徴で在るから、その胸中たるや、如何ばかりと案じて居たが、膝損傷で本日から休場とのニュースで在った。

    楓の紅葉が陽を受けて、好い色合いを呈して居る。さて、朝飯にして一日を送ると致そうか。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!