FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・時代劇一考為り。

                   時代劇一考為り。(11/27/18)
 廊下に胡坐を掻いて、藁巣の雛の様子を見て居ると、廊下が開いて作業着姿の倅が、昨日の交換品を持って来て呉れた。自分も使って居るから、中々の防寒品との由で在る。病人は、亡く為られたそうで在る。明日は休みを取っての夫婦での手伝との由で、この処、訃報続きで大変らしい。

 久し振りに、親子水入らずの廊下での会話で在る。ウチは自分で云うのも憚れるが、種と畑の好さで、倅もがっちりした体格の好男子の顔付と雰囲気を持って居る。子育てが一段落して海外に遊びに行けば、白人女にも熱を上げられる事だろう。倅も40で在るから、親子の関係を離れて、ゆったりとした男の一対一の会話として、遜色が無い次第で在る。

 この処、YouTubeで北住路欣也さんの『剣客商売』を観て居る。藤田まこと物の剣客商売には興味が無かったが、時代劇を体得して居る欣也さんの所作振舞いと、眼伎、間合いの冴えに嵌って、貼り付け物のスペシャル版を一本ずつ観て、堪能して居る。その前は市川吉衛門さんの火盗改め『鬼平犯科帳』を堪能して居た次第で在る。

 世代の所為か、人情味と凄味の在る重厚な時代劇は、二も無くスッと胸に落ちる次第で在る。

 剣客商売の方は、『教育は、男子一生の仕事』と云われて居た時代の父と倅の距離感と、双方の親子の情愛が淡々と描かれて居て、一々、頷いたり、ほろりと眼がしらが熱く為るシーンが散りばめて居る。友人の古屋一行さん演じる漢方医との付き合いが、これまた心友Tとの交遊を彷彿とさせるシーンが在って、欣也さん、一行さんとも、『巧いなぁ。男の良い味を出して居る』とニヤニヤして見て居る次第で在る。

 剣客商売の初期シリーズには、加藤剛さんの物が在って、親父殿の小柄で上品で、漂々とした歌舞伎役者さんの、倅剛さんへの親の情愛が好く描写されて居た。

 この役者さんの名前は、申し訳無い次第で存じ上げないが、吉衛門さんの犯科帳シリーズにも、二度ほど出演して居る歌舞伎界一門の大御所的存在なのだろう。その大物役者さんの奥深い演技には強い印象が在って、剣客商売の大先生・小平に剛さん以上の注目視をして見て居た次第で在る。

 日本の芸能の、映画の前の何百年かは、歌舞伎で在る。映画草創期は、歌舞伎界出身者が映画を創って行った時代で在る。所作動作、振舞い、眼伎の元は、何百年に亘る日本芸能の伝統に立つ『様式美』と云って差し支えないだろう。

『様式美』は、『静と動、間合いの凝縮された以心伝心の表現方』と言い換えても、何ら差し支えないだろう。

『伝統美』は、その工程に於ける『修行・鍛錬美』と同位でも在る。一流の原作、一流の脚本、一流の監督、一流のカメラワーク、一流の役者達が創る物語、映像は、『一幅の掛け軸』とすべしで在る。

 蛇足ながら、聞き慣れない『ネブカ汁』とは何ぞやと思って注視して居ると、それは長ネギの事で在った。成る程、長ネギは根が深い所以を以って、『根深』と呼んで居たので在ろう。今時の何でもかんでも、外来の『カタカナ呼び名』よりも味が在る呼称では無いか。アゲ、ワカメ、豆腐を入れれば、長ネギの味噌汁は、私の好物でも在る次第で在る。

 倅が『古希祝い』にプレゼントして呉れた防寒チョッキを着て、晩飯後は二畳小部屋のコタツで、旧PCで自然の流れで、この文章を打って居る次第で在る。あはは。

 明けて、本日も快晴の朝が始まって居る。廊下の鳥籠からは、親鳥の単発の声と活発な動きが聞こえて居る。雛達も羽毛が其れなりに生えて来て、体温維持も可能に為って、藁巣の中は親鳥の保温が低減して居るのだろう。四畳半のカーテンを開ければ、マフラーを捲いた女生徒達の自転車通学が始まって居る。

 半纏を羽織って、二畳小部屋のコタツをONとしてモーニングコーヒーと吊るし柿で朝のアイドリングとする。楓の紅葉は半分程が落葉したし、小菊も粗方、終わって来た。朝食後は空気が暖まって来たら、倅のプレゼントして呉れた防寒チョッキを着て、庭清掃で身体解しをすると致そうか。

 ラジオをBGMに、庭を見て居る次第では在るが、今シーズンは雄ジョービタキがたった一度、姿見せをしただけで、ジョービタキ皆無の様で在る。いやはや、珍現象で在る。

 一軒先の取り壊しも済んで、廃材積み込みの工事音が始まって居る。何十年も空き家と成って居たから、当然、其処は人間界の中の真空スポットの様な物で、何かしらの野生動物の棲みかと成って居たのだろう。何十年も前の事で、天理教さんが解体、建て直しをして、棲みかを追われた大アオダイショウがご近所に出没して、大きな話題と為った事を思い出した。私も何度か庭で遭遇して、肝を冷やした次第で在る。

 今年の最大遭遇は、深夜のイタチで在った。現在解体中のお宅を入れて、3軒の空き家が更地と為った。イタチ、ハクビシン、タヌキと彼等の棲みかと為って居た事は、想像に難くない処で在る。天理教さんの大アオダイショウが長い年月を掛けて、土手の石垣の隙間を棲みかとして、川原に展開した様に、四足類も新しい棲みかを見付けるべく、夜を徘徊して居るのだろう。

   大分、音が煩く成って来たので、朝飯を食べて私も活動を開始すると致そうか。へへへ。

 作業を終えて、庭のハコベを入れて、水、餌替えをすれば、早や11時半で在る。汗が出て、疲れたのも当然で在る。とほほ。午後はショート散歩で、リンゴでも買って呉れば好かろう。


スポンサーサイト

コメント

^^

この度の1拍手が総拍手数・4000であったことをご報告致します。宝くじを当てたような気分で御座います^^

No title

              waravivoさんへ。
 こんばんわ。それは嬉しいですね。waravInoさんからの拍手が4000とは、浅からぬ出来事と、これも有難いお天道さんのお示しだと、感謝する次第で在りまする。

 何時もコメントを頂戴致しまして、ブログ上の事とは言え、好いお人との交流が出来て、嬉しくも、感謝して居る次第で在りまする。へへへ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!