FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・無風快晴に

                 無風快晴に、工事音響く為り。(11/28/18)
 本日も、無風、好天の青空で在る。藁巣の中の赤子2匹は早や目も開いて来て、雛の成長で在る。重石を掛けた沢庵漬け2容器も、大分沈み込んで来た。塩水の追い水を施すのも、近日中の運びと為って来た。昨日は東フェンスの菜園スペースも始末して、落ち葉溜めとして土お越しをして、目一杯の落ち葉を積んで、飛散防止の土掛けをして置いたので、一仕事が完了した次第で在る。

 そんな次第で、余裕の朝のアイドリングとしては、メイド・イン・チャイナのラジカセで長山洋子さんの演歌テープを聴きながらの日本茶で在る。

 私の中には多分に、『この野郎、ふざけ遣がって、似て非なる物、コピー物の偽物は断然許せん』の粘着性が在る。長らく放置されて居た体たらく物が、如何云う具合かで、再びカセット機能が作動し始めた。そんな憎きメイド・イン・チャイナを、『此処で会ったが、百年目』で、日本陸軍関東軍に倣って、くたばるまで試して居る処で在る。

『三度在る事は、四度在る』の統計学見地から、信頼性など皆無なので在るが、最低限、元手だけは取りたいと、メィド・イン・チャイナと『根競べ』をして居る様な物なので在る。

『巨人の星』風に云えば、頑固一徹、意地張りの性質なのだろう。日頃、毒亜を目の敵にして居る訳で在るから、毒亜の宗主国・中狂には徹頭徹尾のアンチ中国を貫き通したいの意思では無く『意志』が強いので在る。ギャハハ!!

 無風快晴の日差し入る廊下からは、時折、親鳥の声に交じって雛の給餌を強請る声が聞こえる。相変わらず解体ゴミを積み込む重機の音が続く二畳小部屋で在る。

   さてさて、夜更かしロートルの腹も空いて来た事でも在るし、朝飯の用意をすると致そう。

 朝食後は、散歩の前倒しで河川敷に踏み出す。本日は上に向かって居ると、幼稚園児のウオーキングに遭遇して、先生達にコンニチワを交わしながら園児隊を見送る。いやはや、可愛い園児隊で在る。園児達はS大付属の幼稚園で在るから、一年を通して、河川敷のウォーキング姿が見られる次第で在る。遠目に枝に止まる鳥のシルエットが見える。尾振り、止まる姿勢から、モズで在る。

 チョッキ無しで来たが、背中に湯たんぽを背負った様な暑さで在る。ドバト、ツバメの営巣地で在るM橋の橋側にはドバトが8羽連なって、日向ぼっこをして居る。何れもファミリーらしく、同様な羽根模様をして居るのには、驚かされた。

 植性の違いで、今を盛期の雑草群の生い茂りが在る。ガマの穂は完全に溶解の態を晒して居る。流れの石には羽を休めるセグロセキレイと、浅瀬で水浴びをするカラス一羽の穏やかな鳥姿が見えるだけで在る。土産にハコベと思ったが、生憎採れず仕舞いで在った。河川敷から上がって来ると、珍しく西隣のおばさんが、杖を突いて玄関から出て来る処で在った。

        へへへ、お久し振りで在るから、少し話でもして行く事に致そうか。

 妹さんが漬け物用のネズミ大根を送ってくれたから、今年も如何にか漬けれるだろうで、物置から漬け物容器を出しに来た処だそうな。

 無風の小春日和で在るから、オバさんは小石垣に腰を下してのニコニコ顔の話しが、暫し弾んだ次第で在る。小春日和は、何かと体細胞を活性化させる様で在る。アハハ!!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!