FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・師走初日為り。

                   師走初日為り。(12/1/18)
 散歩兼買い物を済ませて来て、頁捲り後の余裕で四畳半に居ると、丁度インテリ先輩さんの散歩帰りの後姿で在る。早速、呼び止めて河川敷ベンチでの語らいのお時間とする。汗ばむ程の好いお天気さんで在るから、話が弾んで愉しい時間を頂戴して次第で在る。

『雛育ち、日差しに遊ぶ、親姿。』で在るからして、餌を啄んだり、水浴び、身繕い、飛び回りをして居る。

 庭のハコベを一千切りして、鳥籠に入れて遣る。そんな次第で、陽射しの廊下に胡坐を掻いて、金華鳥観察をして居ると、玄関に二本線先輩の顔出しで在る。そっちに回ると云うから、金華鳥を見せ、これから散歩との由で在るから、お伴をさせて頂く。草刈トリオの懇親会は、注ぎ上手の一本線殿の『術中』に嵌って、先輩も飲み過ぎての『千鳥足帰宅』だったと云う。

         私のみならず、相当なハイピッチでの熱燗攻勢だったらしい。

 先輩の散歩コースのS大キャンパスを抜けて、護国神社二寄って参拝をして、A橋を渡って、町会の旧道を下りて来ての自宅前の解散で在る。歩数をスマホで確認する先輩は4500で何時もより1000歩ほど多いとの由。駄洒落などを織り交ぜてノンストップで、歩けば、あっと言う間の散歩一周の段で在る。
 先輩に依ると、すっかり痴呆症が回って居るとの由。先輩に痴呆症が及んで居ると為れば、私なんぞは『スカンポ脳溶解の直進沙汰』で在る。週明け早々に、9か月検診が在るそうだが、顔色も姿勢も歩調も健康その物で在る。

『時事問題は、市井に話題を提供する』で、両先輩共にゴーン&移民受け入れ問題の意見交換で在った。移民賛否論に就いての『マスゴミ街の声編集』では、格好付けた人道観点からの声が聞かれる次第では在るが、私から云わせると『お澄まし意見』でしか無い。

『嫁と姑問題』『老親介護問題』も自力クリア出来ずに、日本の家族制度を民主化・核家族化で逃避行を続けて居るのが、日本の現状で在る。日本人同士の嫁と姑問題が、人生相談のウェートを占めて居るにも拘らず、人種・民族・言葉も文化も違う者同士が、同じ国土の中に協調して住める訳も在るまいし、国連の各国益の強調会議を見ても、解ろう物なのに、日本では相も変わらずの『お澄まし感想』を云うに留まって居る次第で在る。

 この頃は流石に、道徳教育の言葉が聞かれない次第では在るが、道徳教育を修めた教師が居ないとかの議論が活発だった頃、私は道徳の時間に、時代劇の名作を授業でただ観せれば好いと、度々ブログに打って居た次第で、その気持ちは現在も変わらない。へへへ。

   ロートルにとっては、生まれ育った時代を共有する世代の会話とは心地好い物で在る。

 明けて本日、雛鳥を覗き込んでの確認後は、布団を物干し竿に上げての、空気の総入れ替え掃き掃除をしての一日のスタートで在る。濃い目に焚き上げて置いた煮物と小ワカサギの空揚げに辛子大根をたっぷり擦り下しての、漬け物、梅干しの粗食として、熱々飯のかっ込みとする。食後は風呂の追い焚きをしながらの、沢庵漬けの追い水とする。遅漬かり用の硬大根の漬け容器は早漬かり用の容器を重石代わりとして二段重ねをして、上にたっぷりの重石を掛けて居る。

 狭い場所での重石取り、重い容器の取り外しで在るから、足場の整理と充分な腰割が必要と為って来る。ギックリ腰に成ったら、目も当てられない惨状と為るから、念には念を入れての下準備と気合入れで在る。へへへ。

 粗塩を溶かし込んで、今度は容器を横置きとして安全第一の本日作業を完了とする。子分無しの古希坂独居ロートルで在るからして、慎重さが丈夫で長持ちの唯一の生活態で在る。我田引水すれば、未だ未だ糞力は健在の様で在る。

    へへへ、『愛しき沢庵共よ、長い信州の冬に、静かに眠れ』と云った次第で在る。

 さてさて、力仕事の後は、風呂に浸かって老体を癒して置く事に致そうぞ。浴後は曇って来た次第で在るから、寝具を取り入れ方々、何時でも昼寝が出来る様に、布団を敷いて置く。

 廊下を横切れば、丁度、親鳥が雛達への給餌で在る。雛2羽を下に仁王立ちした雌親が先程差し入れたハコベの消化物を、大口を開けた雛二羽の口に、赤い嘴を交互に差し入れての給餌で在る。雛達の目もパッチリ開いて、可愛い盛りで在る。私が屈み込んでの覗きこみで在るが、其処は飼い鳥の習性なのだろう、親子共に神経質にも為らず、給餌行動を続ける。雌と交替して、雄が次を引き継ぐ。この分で推移すれば2、3日中には、藁巣の縁に出て来ての給餌行動が始まる事で在ろう。

 斯様にして、生き物と暮らして居ると、目、気分の保養&生き物観察が出来て、マイペース日常にも、和みの一時が提供されて来る物で在る。忙しさ、人付き合いだけが、ロートルの世界だけでは無い次第で在る。へへへ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!