FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・消えたサバ水煮缶為り。

                消えた、手頃サバの水煮缶為り。(12/3/18)
 夕刻散歩の帰りに、スーパーで『サバの水煮缶』の補充をして来ようと思い寄ると、小さい缶が売り切れで在る。この処、売り切れがしばしば在る。独り食卓で在るから、その上の缶だと残って仕舞うのだが、サバ缶のストックが無いと何か『忘れ物』をして居る様で、物足りない次第で在る。そんな次第で3缶を買って来る。

 山国信州では、全国的に見て『サバの水煮缶』の消費量が多いとの由。山菜のタケノコが出回ると、サバの水煮缶で煮て食したり、山ウドもその様にするし、冬の熱々の粕汁にも定番で水煮缶が入る。赤提灯に行けば、メニューにサバの水煮缶と堂々と貼って在る次第でも在る。私は大根おろし、生姜下ろしに、刻みネギを載せて食したり、具沢山の野菜にサバ缶を入れ、濃い目の味噌汁として居る次第で在る。

        これを称して、『郷土食のベース缶』と云うのだろう。アハハ!!

 長く生きて居ると、色々なブームに遭遇する物で在る。シイタケ健康法とやらでシイタケが不足したり、バナナ、納豆、バター・・・etcとブームに依る需要と供給のバランスが一気に崩壊して、『品切れ』を呈するのが、市場原理の様で在る。

 オイルショック時には、トイレットペーパーの買い占めに依る『一種の社会パニック現象』にも為った次第でも在った。

 昭和を振り返れば、ラジオ体操、乾布摩擦、タワシ健康法、梅干し健康法、煮干し健康法なんて物も在った次第で在る。『指圧の心は母心』なんてブームも在った。へへへ。

 日頃ラジオをBGMとして流して居るから、缶詰の効用でサバの水煮缶の栄養価の高さと安価さが解説・宣伝されて居て、それが主婦の全国的口コミで高い支持と食卓定着を呼んで居るのだろうと思われる。
 然しながら、小さい頃から手軽な県民食・サバの水煮缶で育って来た身からすると、貧乏人泣かせの余り歓迎出来ないブームで在る。

 まぁ世の中、総べからず、満ち潮に退き潮の狭間事で在るから、それも好かろう。水煮缶ブームで、口に合うファンが残されれば、日本の大衆魚サバも鼻が高かろう。

 明けて昨日袋詰めにした落ち葉、剪定ゴミを結んでゴミ出しに行くと、雨の気配で在る。藁巣から顔を覗かせ始めた成長著しい雛達に、庭奥のハコベを一掴みしようと庭サンダルを履けば、雨が降って来た。久し振りの雨で在るから、廊下のシクラメンの寄せ植え鉢を外に置いて遣る。

 藁巣の中は覗かなくとも、雛の姿がはっきり分かる。大きい方は、パッチリした満丸の目で私を異者として後ずさりをする次第で在る。下の方はまだまだ小さい。大きさ比較をすれば、孫の小童子と下チビ程の差を呈して居る。親鳥2羽は雨に濡れたハコベを子供達の為にせっせと食べて居る。親鳥二羽も買って来た時と比べると、逞しい身体付きに成って来た。へへへ。

 雨は本格的に降って来た。米屋さんとホームセンター、大手スーパーへ行く心算で在ったが、これでは自転車は無理で在るから、車で行くしか無い。まぁ、偶には車に乗らないと退屈で在ろうから、それも好しで在る。

 昨夜は途中で目が覚めて仕舞い、映画、ドラマの反芻をして独りを幸いに、笑い転げて居た次第で在る。印象深い各シーンに登場する脇役さん達の名シーンは、主役のお株を取って、戯け親父の脳裡に焼き付いて居る次第で在る。脇役、脇役未満の役者さん達の数少ないシーンに、役者の全身演技を体現して魅せるのは、並々の役者根性では無かろう。

 例えば剣豪三船敏朗さんのサザエの様なゲンコツ、棒切れで散々に殴られ、打たれ、蹴飛ばされて泥田に顔から放り込まれたヤクザの親分が、発する命の声『情けないなぁ~!!』の台詞とか、敗戦ヤクザ同士の野球決定戦で、選手、応援団が入り乱れて乱闘するシーンで、思わず失禁して仕舞ったのだろう股ぐらを晒しての丹古母鬼馬二さんの『迫真の演技未満のシーン』など、如何して笑いを抑える事など出来様かで在る。

 旧タイプのヤクザの親分は、往年の鞍馬天狗・嵐勘寿郎さんで在る。その呆け親分の発する台詞は、唯一言『任侠!!』で、右腕は中谷一郎。一方の新興ヤクザの親分は、金子信夫で在り、右腕は岸田森、警察署長は藤岡琢也 旧ヤクザチームの監督はフランキー堺。主演は菅原文太、北大路欣也で在る。監督は岡本喜八で在る。題して、『ダイナマイト・どんどん』で在る。敗戦国日本では、ヤクザも黙る『地獄の沖縄送り』と云う言葉が在ったそうで在る。

 私の本質は、戯けで在る。加えてお役御免の独り身生活で在るから、この歳に成れば失う物など一つも無い。願うらくは、そんなハチャメチャシーンにはノーギャラでも参加させて頂き、『全身全霊で戯けを体現』したいと考えて仕舞う次第で在る。

 さてさて、腹も減って来た次第で在る。朝飯を食べて、本日の行動開始と致そうか。これで齢70の親父なので在るから、碌な物では無いのは確かな次第で在る。戯けに付ける薬無しとは、好く云った物で在る。へへへ為りや。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!