FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・終日の半纏為り。

                         寒風の暖


                      終日の半纏為り。(12/23/18)
 いや~、久し振りに好い話が聞けて、大満足の態で在った。昨日は3時間番組を観るには、寒かったし、絵を描いて遊んで居たので、本日の視聴と為って仕舞った。

 今回初登場の大柄、温厚なハンサムボーイの東大農政経済学の先生のお話に、聞き惚れて居た次第で在る。3時間番組で在るから、四畳半からPCを持って来て、昨日の絵に色塗りをしたり、飯を食べながらの試聴で在った。

 その道の専門家が集まれば、所謂総論だけに終わらず、其々の識者達が持つ総論を形作る各論、細論が述べられるから、好い勉強に為る物で在る。

 前にブログに打った次第では在るが、専門家、学者の知識の引き出しの広さ、深さは、通り一遍の講義では引き出しの内部の開示と云う事には為らない。質問者の知識、見識次第によって、初めて引出しの内部が開示されて来る。質問者が其々の広さ、深さを持って居るからこそ、開示される引き出しの内容物なので在る。

 杵餅は、杵を衝く人、餅を引っ繰り返す人の相互作用、相互呼吸で、キメの細かいしっとりとした餅が完成するのと同様の仕組みなのだろう。

   知識、解析、現場観察力に、思わず膝を叩く箇所が随所に在って、堪能した次第で在る。

 9時から視聴して、丁度正午を回っての終了で在った。回りと話をして居て、不思議に思うのは、高々1時間程度の硬い物を観れないと云う連中が、『時間の無駄』などと平気な顔をして自己主張するので在るから、私としては面食らって仕舞うので在る。
世は現代で在るから、其々に受験勉強を経験して居る訳で在る。所詮、勉強などと云う物は『孤独な我慢作業』で在る。

 そして、勉強は仕事と違って、それが加算⇒引き算と云う訳には行かない『厄介な物』で在る。何故なら、人間の頭脳と云う物は、忘れて仕舞うのが常で在るから、繰り返しの反復作業を持続させて行かないと、身に付かないと云う代物なので在る。そして、我慢の低温発酵の時を経過して来ないと、沢庵漬けと同様に自分軸が芽を出さない仕組みに為って居る次第でも在る。低温発酵の工程が進んだ処で、初めて論と云う対話が出来て、沢庵漬けに味の素、七味唐辛子、醤油・・・etcの調味料が掛かって、自作沢庵のスパイス付けを愉しむ事が、出来て来るのだろうと思う次第で在る。

 字を覚える、掛け算を覚える・・・etc、皆、我慢の反復練習の賜物で在る。それは頭だけの事では無い。スポーツ、仕事に於いても、皆同じ事で在る。基礎を覚えて実践に及んで、その中から自分独自の応用技が産まれて来る。

 それが一端、大人に為って仕舞うと、面倒臭くなって、適当な理由付けをして、『我慢を棚上げ』にして仕舞う。それで居て、自分の好きな事、得に為る事には我慢の反復練習を維持し続ける。

 人間、我欲に走ると、人相も使用言語もさもしく為る次第で在る。馬鹿に徹すれば、拓けて来る道も在ろう物を・・・。世の中、勿体無い人が多過ぎると云う様で在る。

 面と向かって、こんな事は口が裂けても云えないから、小心者の私としては、『俺は頭が悪いから、出来る人の話を我慢して聞くしか無いんですわ。そして自問自答するしか無いですわ。へへへ。』と謙(へりくだ)るしか無いので在る。

 本日も、昨日と同様な曇天の寒空に風が吹く寒さで在る。若鳥二羽も流石に、寒いので在ろう。藁巣に入っての温め合いで在る。親鳥の方は、二羽での抱卵と云う訳にも行かぬ役割分担で、一羽は見張り役を務めねば為らない形態を採って居る次第で在る。

 私も、本日は終日の半纏で在る。日曜日を口実に散歩は割愛する心算で在る。従って、本日の一枚に向けて、下手絵に塗り重ねをして、コタツ当たりを続行する事にする。『寒いの寒いの飛んで行け』のお呪(まじな)いをしたい物で在る。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!