FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日の寒さは、本物為り。

               本日の寒さは、本物為り。(1/10/19)
 昨日の予報では-8℃との事で在ったが、本日、曇天に就き、其処までの冷え込みには至らなかった模様で在る。それでも、布団は温まらずに足下の湯たんぽに足をくっ付けての『モモンガ寝』で在った。ニュースだと-7℃弱の結果で在るから、此処は-8℃を上回って居るのは確かで在る。

                寒いと、廊下鳥も静かにして居る。

 朝始動は朝飯後にする事にして、小部屋コタツで熱々の粕汁を啜る。ラジオを聞いて居ると、新年早々に給湯機が壊れたとか、エアコンが壊れたとか、水道管凍結とかで、寒さに震えて居たとのコーナーが在った。手軽便利に為ると、いざ文明の機器が作動しないと、豚でも無い事に為る次第で在る。

 其処へ行けば縄文生活の中に居る夏暑くて、冬寒いの底辺貧民の暮らしだと、『耐性』が身に着いて居ると云った次第でも在る。とほほ。

 然しながら、これも体質の為せる処か、冷暖房は身体に馴染まないし、電気毛布も合わず、専ら湯たんぽで済ませて居る。大体が寒い寒いと暖房をONとすると、頭がボワンとして来るし、温度差で風邪を呼び込んで仕舞う帰来が多い。従って、寒いと上に羽織る事にして居る。

 妖怪様の部屋は老齢で在るから、ストーブ暖房をして居たが、三度三度の食事の時は、『ゆっくりして行け』と引き留められて、ストーブ、コタツの暖かさで、ついついテレビを見ながら、寝て仕舞うのが冬の常で在った。
 通院帰りのTもコタツにストーブだと途中で暑いから、ストーブを切れと云う自然派で在った。自分が一人で居る日中の家では、極力暖房はせずに寒いと思えば上に一枚羽織る事にして居ると云って居たし、夏に行けば、私同様の上半身裸男で在った。これも生まれ育った『番から環境遺伝子』と云う物なのだろう。

       色々、思い出すと似た者同士で相性が抜群だったのだろう。アハハ。

 朝飯後は寒いが、布団を物干しに上げて、全戸開放の空気の総入れ替え&掃き掃除をするが、いやはや、鼻水の垂れる寒さと、足の冷たさで在る。若鳥も寒さ逃れに、巣に入って居る。鳥でもそうで在るから、本日は散歩は割愛して、極力家の中で『歩数稼ぎ』のコタツ籠りとするしか在るまい。

 貰い物を整理して居ると、先日ガス屋さんから頂戴した分も含めて、お茶が結構溜まって居る。暫く、『お茶消費』で行くしか無い。独り身に為る前は、お茶掛かりが居たから、コーヒーは飲まずに、半世紀以上をお茶で押し通して来た次第で在るから、それに戻れば好いだけの事でも在るし、少々面倒では在るが、白湯よりも『お茶の方が好い』に決まって居る。

 お茶と云えば、ウラジオストクのヤナが湯船に日本茶を袋に入れて呉れて、『グリーンティ』が美容・健康に好いと遣って居た次第で在る。日本人からするとハリウッド女優並の金髪美人で在ったし、彼女にも容姿に自信が在っての容姿維持のグッズや運動をして居た。天然金髪で体毛のツートンカラーの無かった次第で、下の毛も彼女なりの整毛して居たのが、成程、これも『文化の違い』と文化比較も出来て、感心して居た物で在る。

『お茶は飲む物で、日本人は香湯で菖蒲、ゆず湯、ミカン湯、リンゴ湯で、お茶湯は聞いた事が無いぞ。』と云った次第で在った。

『日本茶も国変われば、その使用法、御利益も変わって来る』の、好い勉強をさせて貰った次第で在る。ラジオなどを聞いて居ると、『牛乳風呂』などが在るそうな。ミルク風呂などと云ったら、空かさず『牛乳は飲む物、加工してヨーグルト、バター、チーズにして食べる物よ。ニホンジンはクレージー。』と笑われて仕舞う事だろう。アハハ。

 11時半を回っても、全然気温が上昇して来ない。お天道さん不在で、布団干しの熱溜めにも成りそうも無いから、布団を取り入れて『二度手間は面倒』で在る。布団を敷いて、湯たんぽを2個入れて置くと致そうか。

 それをして台所遊びでもして、時間を潰そうと思うが、これ以上作る訳にも行かず、食べ切りを旨とすべしで在る。然りとて、頁捲りも早過ぎる。

 従って、『しゃ~無い』の次第で在る。寒風に顔を洗いに、ショート散歩に赴く。いやはや、好くもまぁ凍った物で在る。それでも一歩外に出て仕舞うと、『習慣』とは好くした物で在る。ショート散歩が歩いて居る内に、『コガモの姿は何処ぞ』と為って、通常散歩の周回と為って仕舞った。下から上に進むと、上の方は殆ど氷が流されて居る。橋下の気温は相当に寒いらしく、流されて来た氷が重なって居る。

 寒さの影響だろうが、寒雀の群れとカラス、セグロセキレイしか見る事が出来なかった。へへへ、寒さに動きが鈍く為るのは、生物の倣いの様で在る。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!