FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・時差ボケに、風呂に入る為り。

              時差ボケに、風呂に浸かる為り。(1/14/19)
 昨夜は昼寝をしなかったから、寒いのを無理して夜更かしするまでも無いと思い、湯たんぽ2つを押し込んで置いた布団に潜り込んで、寝床妄想として早目の就寝で在った。コタツで転寝をして風邪に捉まるより、余程安心する次第でも在る。

 日本史用語集も朝鮮併合まで来て、其れなりに思う事も出て来たり、夢奇譚の続編打ちの構成も進んで来ての、諸々に頭を掠める分身達との交流も進んだ次第で在る。

 途中で眠りに落ちて、体温が布団全体に回ると、流石に暑く成って、湯たんぽを蹴飛ばして籠った温度下げの寝返りの連続で在る。そして、成程と狭い藁巣の中での温度調整に親鳥が入ったり、出たりするを『自然の成り行き』と知る次第でも在った。アハハ。

 小さい時から水分摂取過多の体質なので、昼も夜もトイレ回数が多い。喉の渇きの癒しに、枕元にリンゴと果物ナイフを置いて、一切れサイズにカットして口内の乾きを低減する術を覚えて実行して居る次第で、一個丸ごと食べれない歳で、小切りでのリンゴ消費をして居る。衰えて来れば来たで、それなりに調整して行くのが人生の歩みと云う事なのだろう。へへへ。

 昼寝カヴーの早目の就寝で在ったから、或る程度寝れば、早々眠れる訳が無い訳で在る。寝ても、うつらうつらして居ても一向に構わない余裕の次第で在る。『記録に勝る記憶無し』は、私の社内標語作で在る。面倒でもメモって置けば、大手を振って忘れられる。云わば省力化の自己処方箋で在る。それが私のモットーで在るから、起きてメモ代わりにPCに形を残す事を思い付いて、小部屋での打ち入れとする。

 6時半を回って、『おお、寒い』で廊下を歩いてトイレに向かえば、早々と雛達のジャジャジャの給餌声で在る。いやはや、『泣く子と地頭には敵わない』と云うだけ在って、早朝の親始動も大変な物で在る。

 さてさて、腹も空いて来たし、眠く為って来たから、温い布団に逆戻りをして寝不足を解消してからの朝飯で好かろう。

 色々と妄想を働かせての二度寝で在るから、参考と為る夢が出るかと思いきや、見たくない後味の悪い夢を見て、目が覚めた。再び起きて、腹一杯の朝飯を食べて、ゴミを集めてゴミ出しに出る。いやはや、白銀輝くアルプスの連邦が青空にくっきりと立つ。自転車を出して、バケツを持って水槽の補給水汲みに河川敷に下りると、未だ一面の霜白で在る。中堤防の階段を下りて、川水を汲む。冷え込みは小さく、岸の一部に薄氷が張って居るだけで、流れの淀みの底にはアブラハヤの子魚達が冬群れをして居るのが見えた。早くも散歩をして居る女性の姿が在る。小部屋のコタツをONにして、給餌中の藁巣の中を覗かせて貰って、若鳥籠を廊下の日差しに置いて、風呂を追い炊きして来る。

 ラジオでは成人式の特別番組を流して居る。暦に無関心な生活を送って居るから、寝て居て打ち上げ花火の連続を怪訝に思った次第だが、本日14日は成人の日だった訳で在る。祝祭日は固定日の生い立ちで在るから、今時の祝祭日には取り残されて居るばかりで在る。

 さてさて、調子外れと為って仕舞った一日のスタートで在る。風呂もOK音を告げて居るからして、時差ボケを風呂に浸かって修正すると致そうか。

 浴後はスッキリした処で、何かと重宝なイカ耳フレークを買いに、散歩コースは西に採る。護国神社さんの信号に来れば、ロートル日本人で在るから境内に足が向かう次第で在る。制服を着た高校生の一団が、お参りを済ませて中鳥居の石畳の参道をガヤガヤと帰って来る。おやおや、スーツにネクタイをした中年男性がニコニコと帰って来る。成人式の所為も在ってか、賑わいを見せて居る。二礼二拝一礼をして、中鳥居横の天皇御製とフィリピン出征兵士の娘に宛てた手紙を読む。

 昭和20年四月と在る。穏やかな文面に、無理をして居るなとな,胸が熱く為る。沖縄戦は昭和20年三月で在る。

 戊辰戦争以来の英霊さん達を護る靖国神社の分社が、護国神社さんで在る。本殿に二礼二拝一礼をする前後には、中鳥居左の当時の日本兵士の心情、手水所前の戦没者家族の和歌、俳句を読んで当時を振り帰って欲しいと思うのだが・・・へへへで在る。

 無風の快晴下、暖かさに恵まれた平成最後の成人式の日で在る。付属する結婚式場の前を通って脇道から大通りの信号機を渡る。残念ながら、お目当てのイカ耳フレークは無かったが、いざと云う時の飯の友・振り掛け・おぼろ昆布・駄菓子類の買い置きをして来る。帰りは、S大構内を通って来る。

 気持ちの好い散歩を終了して来ると、廊下ではジャジャジャの給餌中で在る。お天気も好いので水を取り替えて遣ったり、餌の残りを常連雀に撒いて、底板を汚れを削ぎ落として、庭のハコベを入れて遣る。雛の成長で藁巣の外で、余裕をして居る親鳥が早速、水浴びをしたり、ハコベを千切り合って居る。雛の先行組み2匹には、確りと目が開いて来た。

  本日は、何かと給餌回数が多い次第で在る。さてさて、午後の部はゆっくり流すと致そうか。

 ブログ投稿をしに4畳半に行くと、この一週間、動かなかった手巻き式時計が動いて居た。いやはや、役立たずと横、底を叩かれ続けても止まって仕舞い、愈々以ってゴミ処分を決めて、それまでの目覚まし時計をリセットして居たのだが、如何やら日本製のプライドだろうか、動き始めて次第で在る。中国製ラジカセとは雲泥の差で在る。ギャハハ!!

       これは、英霊さん達の御返礼かも知れぬ。有難や、有難やの段で在る。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!