FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・トーク三連発為り。

                    昨日は、トーク3連発為り。(2/6/19)

「おうおう、R君。こりぁまた、お遥かじゃん。生きてたかい。」
「冬眠中で蓑虫人間でさ、仮死状態で居たわね。今日は、好い天気じゃ無ぇか。」
「昨日、今日と、暖かくて好いぜや。あれずら、する事が無くて困ってるずら、好し好し、これから、遊びに行って遣るわ。直ぐ行くぜ、待ってろや。アハハ。」

 左様で在るか。私が顔を出す心算だったが、来て呉れると云う。部屋、玄関を再び掃いて、空気の入れ替えをして、お茶、漬け物、吊るし柿などを用意して置く。

 世の中とは可笑しな物で、人と話す事が重なる物で在る。午前中は、ヤクルトママさんが2才の娘と一緒に来てので、絵と小鳥を見せて遣ると、幼児特有のトットコ走りで、独り暮らしに『微笑ましさ』を運んで呉れた。
 私の画廊を見ると『お化け』と云い、お菓子に吊るし柿を上げると、籠の戸を開けて、食べさせようとしたり、私の寝間に入ろうとするから『お化けが居るぞ。』と云えば、『お化けは、居ないよ』と部屋中を歩き回る。

 孫の下チビと同じ年頃で在るから、普段と違った環境に来ると、兎に角、歩き回ると云うのが、『好奇心の幼児行動』なのだろう。ジョービタキのバルディナも家中、全てを巡って居た物で在る。従って、観察者としての私は、冬の渡り鳥にして半年の同居鳥の知能指数は、2歳児程度の高さと比較結論として居た次第で在る。アハハ。

「R君、何も無かったから、これ買って来た。食べて呉れよ。」

 何時もニコニコ顔の小~高同期のYが遣って来て、オレンジの差し入れで在る。小柄小太りの体躯では在るが、艶々して健康態で在る。

「お茶にするか、コーヒーにするか。」
「コーヒーの方が楽だろう。」
「おっ、そうか。コーヒー、砂糖、クリープは、如何するだ?」
「ああ、全部で好いよ。」
「そうか、俺が遣って遣るぜ、これ、本日分ブログだぜ、今日の義題とするぜ。読んどけや。打つは2時間、読むのは5分だぜ、感想聞かせろや。分かったか?」

「おうおう、車に乗ってさ、途中で老眼鏡忘れちゃってさ、取りに戻った。勘が知らせたって事だ。アハハ。どれどれ・・・」
「大した事は打って無いから、吊るし柿を食いながら、遣って呉や。」
「真っ白に粉が吹いてる。美味いじゃん。遣るねぇ。大したもんだぜや。」

 字面を追うYの目の移動を観察しながら、私は白湯に漬け物の沢庵を頬張る。

「いやいや、書いて在る通りで、政治家の野郎共の低級振りにぁ、ウンザリでさ。偉そうな事を云っても、知恵が無ぇわ。『言高心低』とは旨い事云うじゃないか。
 俺なんか、もう全然政治には関心が無く為っちゃってるから、勝手に政治ゴッコ遣ってろの冷視でさ。日本は、如何なるんだろうね。困ったもんさね。へへへ。」

 Yの住民票は東京に在る儘で、単身赴任の実家住まいで在る。未だお婆ぁちゃんは達者で、農業で扱き使われて居るとの生活で在る。月に一度東京に帰る生活で、仲の好いKに私のプレゼントした『花に埋もれて』を見せた処、好い絵だと褒めて居たそうで在る。

      私はKに就いては知らない。多分、顔を見れば解かるとも思うのだが。 

「俺は相撲部で、小学校の低学年中は分校だったし、家が遠かっただろう。相撲でクタクタで、自転車通学だろ。帰りは延々と続く昇り勾配でさ。勉強なんて出来る環境に無くてさ、勉強し無かったら、夏休み早々に英数国の『補修授業』の毎日よ。
そんな事でさ、Yとは『補修授業の友達』に為っちゃってさ。才能教育で奴は幼稚園から、フルート遣っててさ。音大に進んで、音楽留学してさ、メキメキ才能を発揮してさ、音大の教授遣ってるんだ。
 留学での就いた先生が、好かったって事でさ。70にも為るのに、その世界的な大先生が来日する時には、奴の顔が無いと来て呉れないとの事でさ。未だに教授遣ってるんだぜ。アハハ。でもさ、補修授業の常連の『同期の桜』だからさ。R君、T君の関係でさ、長い付き合いさ。アハハ!!」

「そうかい、そりぁ好い話じゃないか。友情は予科練の庭に咲いたって、戦前・戦中の麗しき歴史も在る事だし、世の中色々、人生色々、才能色々だ。『補修授業に咲く花』も、在らぁね。」

「やぁやぁ、R君と話して居ると楽しいね。即妙と云うか、使用言語が奮って居るよ。今度さ、二本線OB会が在って、幹事をUが遣って居るんだけどさ。Rの話題も出るのにさ。出て見ないか。」
「アリガトさん。でもさ、独り生活の気儘さにどっぷり浸かって居るとさ、間口を広げて仕舞うと、マイペースが乱れちゃうから、世間からはこの『仮死状態』が、一番落ち着くんでさ。これで中々、時間割が出来上がってて、『冬の蓑虫』、『夏の蟻地獄』の時々獲物が転がり落ちて来るのを待って居るのが、性に合っててさ。
 外部を知ると、意志薄弱の堪え性の無い性格だから、楽しい水に、『蛍飛び』を仕出かしちゃう次第でさ。これで中々に大変なもんさね。介護生活十数年で、やっと出歩か無い術を習得出来たから、この末端底辺貧民の暮らしが好く為っちゃった次第だわね。へへへ。」

「分かる分かる。無理の無い生活ペースが、長続きのコツでさ。それが、人間一番だからな。俺なんかもさ、本当に田舎生活が一番性に合って居るもの。人間って奴は、自然から離れると、自己中心の近眼人間に成り下がって、碌な事に為らんからな。やっとリタイアして、自然の中で生活出来るのは、幸せと感じてるからね。アハハ。」

 次にお互いの趣味・世界史トークに為ると、論語を書き写して、自分為りの感想を書き込んで居ると云うだけ在って、聞けば若い頃、禅に入って、年に何回か坐禅を組みに行って居たと云うし、親しい坊主も居るとの由で在る。

 お互い、フリートークのノンストップの談論風発の4時間を過ごして、補修授業為らぬ番から二本線の補修トークの愉しい時間で在った。へへへ。

 明けて、本日は無風曇天の朝で在る。今日は一日、コタツ日と成りそうで在る。ニュースによると、豚コレラが発生して、殺処分に自衛隊の出動との由。豚コレラの詳細報道を聞くと、人間には影響が無い物の、罹った豚、猪は数日で死ぬとの由。一度罹って仕舞えば、殺処分も死も同一のコレラの恐ろしさで在る。

       昼で在るか、午後の部に移行する前に区切りの散歩でもして来ると致そう。

 少々湿っぽい外気に、ジャンバーを着ての散歩運動で在る。散歩周回の帰りに、今季初のコガモと遭遇する。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!