FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・ミゾレ混じりの雨は、

                みぞれ混じりの雨は、雨に。(3/4/19)
 おやおや、雨で在るか。本日、月命日では在るが、もう少し寝床アイドリングをさせて貰いますかね。

 横(サブ)本の頁を進める度に、『抜き書き纏め』をして頭の整理に役立てねば置かねば使い勝手が悪いとは思いつつ、通過して仕舞う。纏める作業よりも『安易な読み流し』をして仕舞って居る。

               誰でも、面倒な事は億劫に為って仕舞う次第で在る。

 これでは投入時間が、物には為らん。行かんと思い、決心して『広告の裏』に鉛筆で抜き書きをして見る。一応これでも、何度と無く読み込んで居るので、自分ながらの『歴史鳥瞰図』も広がって居る。自分に解り易くコンパクトに『世界史概略』を付加しての纏めで在る。それをして見ると、何とも汚い字で在る。

 これでは『努力が報われない』と落胆する。日頃の面喰いを棚に上げて、自分にだけ甘くては示しが付かない次第で在る。

 そんな次第で、夜に成って、その成果を残すべくPC打ちとした次第で、疲れて仕舞った。取っ掛かりの出来た事で、今朝のアイドリングでは、その精度を高める為に、加筆部分を色々と思い描いて居た。

 PC画面にさえ歩を進めれば、それなりの形は作られて行く物で在る。肝心な事は、『先ずは一歩の踏み出し』で在る。アハハ!!

 さてさて、本日、月命日で在るから起きると致そうかで、起床時の習慣・バッコン腹筋運動で在る。

 雨はみぞれ混じりと成って来た。月命日で在るから、妖怪様と一緒にお茶を飲もうかで、茶筒を見れば『空っぽ』で在る。貰い物の茶が幾つか在った筈で在る。探すが、何処に置いた物やらの『健忘症の態』で在る。

 漸く、見付けて封を切っての茶筒入れとして、仏壇にお茶を供えて、灯明、線香でチィ~ン、南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏をして、私もお茶を飲んだ次第で在る。

 お茶掛かりをして呉れた妖怪様が居なく成ってからは、面倒の掛からないインスタントコーヒーばかりの日常では在るが、矢張り日本茶は好い。

 傍目からするとロートル寡(やもめ)暮らしの侘しさに見えるのだろうが、私としたら家と共に在る生活で在る。母との普段と変わらぬ日常に在るから、淋しさが一向に出て来ない。夢にも殆ど出て来ない処からすると、空気の様な存在で見守り続けて居るので在ろう。有難い母心で在ろうか。へへへ。

 私としては、これが『自然の流れ』と思い、普段通りの生活が出来て居ると思って居る次第で、何で当たり前の生活の中に、人為的宗教を信仰しなければ為らないのかと不思議に思って居る。家に居ても、T、M氏も顔を見せに来て呉れて居る心境で、彼等を思えば立ち処に来訪して呉れるので在るから、その死を淋しく感じる事も無い。

 昨日のラジオのM・マストロヤンニの代表作・ひまわりの最後のシーンで、朗読語りをして居た女優の言葉に、戦争に依って断ち切られた男女の別れのシーンを演じたマストロヤンニとソフィア・ローレンの万感の思いを、朗読と感想を述べて居る女優の一言に『男の狡さ』表現が在った。

 いやはや、どの程度の女優さんかは知らぬが、この程度の映画観賞力の無い女が、何が偉そうに女優顔をして居るのか、顔が見たかった次第で在る。

 観賞力=感受力で在る。そして演技力=感受力の体現で在ろうに。尤も、番組の裏側は台本の用意された朗読でも在ろうから、単にそれを読んで居る立場なのかも知れないが、番組台本を書いた者、それをそのまま声に出して仕舞う女優としたら、映画史に『燦然と輝く戦争悲恋』に対する冒涜としか云い様が無い。この一言を以ってお里が露出して仕舞った。

  口は災いの元で好番組が、地に落ちたの忌々しさで在った。これも、人間の質の劣化か?

 一時、雪に進んだが、再び雨と成った。雨日で散歩も出来そうも無いから、風呂に入って、朝のアイドリングを文字化すると致そうか。飯も炊けた様で在るから、先ずは朝飯と致そう。私より先に廊下鳥達は、餌の補充、水替えを頂戴して、飛び回って居る次第で在る。

 ちょっと時間を掛けて、熱い味噌汁に焼き魚、焼き海苔、漬け物の美味さで在る。洗濯パスのラジオをBGMの風呂浸かりで、身も心も快調の段で在る。アハハ!!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!