FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・のんびり日と致そうか。

                  のんびり日と致そうか。(3/6/19)
 人間は会話を楽しむ動物との由で、昨日は楽しく話が弾んだ一日で在った。そして、エネルギー消費量も、それなりに在るらしく、好く眠れた次第で在る。朝は廊下鳥の目覚めと一緒で在る。日の出前の今朝のお天気さんは、青空に成るのだろうが、些かの風が在る。

 Yは美術展巡りが趣味との事で、帰京?上京?時に、『江戸絵画ミラクルワード・奇想の系譜展』を観賞して来たとの由で、『江戸時代は大した物だよ。』の連発で、そのパンプレットを置いて行った。縄文土器展での気に入った絵ハガキ物も呉れたりで在るから、私の戯画廊にも『耐性』を持って居て、最新作の『原始・オオ、神よ!!』の戯画にゾッコンの態で在った。私の戯画廊をこれ程、笑って楽しんで呉れる男も居ない次第で在る。ギャハハ!!

  川崎大師の定番土産『きなこ飴』を口に朝茶とする。昔ながらの素朴な味がして、優しい味で在る。袋には厄除川崎大師、創業明治初年、老舗松屋の飴総本舗と在る。

 7時のニュースではカルロス・ゴーンの保釈が通ったそうで、保釈金10億円が支払われると、保釈との由で、保釈条件を聞くと檻の無い生活は、真に高く着くの内容で在る。

 本日のブログ打ちアリバイはこの位にして、昨日打った世界史備忘録の投稿で、自由時間を多目にとる事とする。へへへ。

                      世界史備忘録
              地球誕生45億年前。生命誕生39億年前。
      人類の進化・・・800~500万年前、独自系統の進化コースに入る。

  間氷期、人類の祖先・猿人700万年前に出現。250万年前、石器使用。

 氷期・間氷期、原人240万年前。石器、言語、道具、火の使用。北京、ジャワ、藍田原人。

  氷期、旧人60万年前。ヨーロッパの原人の進化?12万年前~3.5万年前にネアンデルタール人、中期石器時代で埋葬開始、洞窟絵。
  氷期、新人20万年前~1万年前。新石器・骨角器時代ラスコー、アルタミラの洞窟絵、クロマニヨン人、周口店上洞人。

  氷河期終わる。1万年前。当時の人口500万人。8000年前から西アジア、地中海一帯から、農耕・牧畜が始まる。

                  ★世界史四つのステージ
  第一ステージ・・・世界四大文明。(BC3000~AC6C)
  1エジプト文明⇒地中海東岸に波及。
  2メソポタミア文明⇒小アジア・シリア・イラン高原に波及。

  1、2は一体化の方向に進み、地中海東岸パレスチナは小アジア・アナトリア、メソポタミア、エジプト、エーゲ海を結ぶ陸の梯(かけはし)。西アジアから地中海に至る世界史最初の『駆動地域』と為る。古代ローマ帝国

  3インダス文明⇒ガンジス、南インド、東南アジアに波及。
  4黄河文明⇒長江、ベトナム、モンゴル高原、朝鮮半島、日本に波及。
 3、4は地理的要因から孤立化の『伝統世界』に向かう。

          第二ステージ・・・イスラムが世界を主導する。(7C~14C)
  7C、イスラム教徒の大征服運動(民族移動)地中海北部がキリスト教圏、イスラム世界とキリスト世界の分裂世界。イスラム帝国は商業帝国で人口150万都市・世界商業のセンターと為る。

★バクダートの四つの門。ホラーサン門は、シルクロード⇒中国。パスラ門は、パスラ⇒インド、中国へ、アデン⇒インドへ。シリア門は、ダマスカス、シリア、ヨルダン、カイロ、チュニス、モロッコ、イベリア半島ヘ。クーファ門は、メッカ巡礼道、イエメン、アデンへ。海洋商業圏を誇り、モンゴル、中央アジアの騎馬民族を巻き込んでのユーラシア大変動を生み出した。イスラム世界は四つの門に象徴される様に、商業の世界ネット化の構築で在った。

          ※古代パレスチナの地勢とバクダッドの人工都市の違いの比較。

 第三ステージ・・・世界を圧倒するヨーロッパ膨張の時代。(15C~20C)
大開墾運動、十字軍運動などに依り、自立性を進める。大航海以来ヨーロッパはアメリカ大陸を第二のヨーロッパにして大洋世界に大ネットワーク化を19Cに成功させる。

    第四ステージ・・・変容を迫られる伝統世界(インド、アジア)。(21C~)
  1、2の歴史を駆動した世界…西アジア、地中海世界⇒イスラム世界⇒ヨーロッパ、アメリカ世界と3,4の伝統性の強い世界…再編されたイスラム世界、インド世界、アジア世界は、アメリカスタイルのグローバル世界に組み込まれるのか? ナショナリズムを保持しつつ変容をして行くのか?

 赤道で熱しられた大気は上空10kmで、南北回帰線で下降すると云う対流圏を作って砂漠の帯を出現させる。赤道の熱が海流を作り上げ、暖流と寒流の循環を保つ。ユーラシア大陸を採れば、北から森林地帯、草原、砂漠、農耕地帯と南北8000kmに及ぶ。その中央アジアには遊牧騎馬民族が散らばり、幾多の帝国を興亡させた。ユーラシア大陸の東西の交流ルートは、走破3か月の草原の道、オアシスの道、航行4か月の海の道で在った。(モンゴル帝国時)

 牛の定着農耕社会、馬の移動牧畜社会、ラクダ・船の交易社会(河川、海、陸)。

 規模・資本⇒農業⇒商業・手工業⇒産業⇒軍事・資本⇒金融⇒世界情報金融資本。小⇒大⇒独占。

 宗教支配の中世・農業の伝統社会⇒余乗生産&交易⇒商業・手工業⇒産業・軍事⇒金融支配へ。

 軍事は兵農一致⇒傭兵⇒常備軍へ。騎馬民族の軍事力は13Cのモンゴル帝国を以って、終了する。産業革命後の絶対王政の下で、近代生産性の有利さで火器戦へ大規模化して行く。

 馬・ラクダ・船⇒動力革命で鉄道・蒸気船⇒エネルギー革命で石油、電力⇒内燃機関・自動車、飛行機、通信⇒原子力・情報革命・電子脳。

 帝国主義ピラミッド・・・原料調達&売り付け市場としての植民地⇒商品作物の押し付け=プランテーション経営(モノカルチャー)、植民地産業崩壊政策。

 侵略の3形態・・・領土侵略、人口侵略、資本侵略。現代は、情報侵略も加わる。

 4回の氷河期を乗り越えた人類は、500万人で在ったそうな。海流・大気循環に依る地球環境の保れは、人類の発展により開発発展の世紀から、過開発に依る都市化砂漠、乱獲、汚染化の大地・川・海・大気の地球破壊へと歩を進めて居る。地球の自然循環と云うバランス循環機能を丸裸にされた世紀、人類は有限の星、奇跡の星を如何再生して行くのだろうか。

 現在国家数200弱、地球人口70億。経済最優先の拝金主義に盲進して、地球サイクル氷河期に禊(みそぎ)を受ける人類の歴史時代の終焉と為るのだろうか。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!