FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・散歩日和為り。

                  本日は、散歩日和為り。(3/8/19)
 本日は殆ど同時に、廊下鳥との目覚めで在った。昨日間違えて仕舞ったゴミ出しをして、切り枝ゴミのテープ閉じをする。いやはや、昨日の雨が凍って居るでは無いか。

 ビニール袋の氷を払って、軍手で水気を取って、念入りにテープ閉じをする。それを抱えて、ゴミ出しとして来て、好いお天気さんで在るから、廊下の洗濯物を外に吊るして、空気の総入れ替え&掃き掃除、序に廊下の鉢植え物を並べて、ジョロ散水をたっぷりと与える。若鳥番い籠は、軒下に吊るす。

 昨日の午後は、雨に米粒大の霰(在られ)と云うか雹(ひょう)が弾け飛んで、恐れを為して眺めて居た次第で在る。当然、夜の冷え込みも冬並で在ったから、湯たんぽに足を伸ばしての『蓑虫の床入り』で、早寝として仕舞った次第で在る。

             虚弱体質なので、寒いのは苦手で在る。とほほ。

 それでも、夢は見る物で在る。好いヒントを貰ったので、追々、それを膨らませて行けば、一編の短文も打てるかも知れない。何しろ妄想拡張は、私の数少ない特技の一つで在る。サブ本の『地図と地名で読む世界史』も本日で読み終える。この頃は極力頁数を抑えて、愉しむ様な気分で色々な本の記述との反芻をして居る。

 5羽世帯の親籠も上がり石のシクラメン鉢の横に置いて見る。偶には外の空気も好かろう。真に好い陽光で在る。上がり石の回りには、常連雀の番いが零れ餌を啄みに来て居る。無風の陽光に、洗濯物、鉢植え植物、鳥籠の並びが長閑で在る。未だ、冷え込みの余波で空気の冷たさでは在るが、本日は散歩者の数も多く為るのだろう。

  朝飯の時間帯には未だ間が在る。外の鳥籠を見守りながら、読了をして置くと致そうか。

 頁捲りに飽きて来れば、マンドリンを持って来て、指解しをしたり、庭に出たりするが、全然空気が暖まって来ない。遺憾いかん、こんな日に散歩などしたら、風邪を引いて仕舞う程の冷気で在る。

 冷気の寒風の有効利用として、馬鹿の一つ覚えの沢庵漬けと茹でサツマイモをスライスして、笊に広げる。昼に成ったら、ジャンバーを着込んで散歩をして来るしか在るまい。未だ時季柄、三寒四温の枠内なのだろうが、寒暖の差は身に堪える次第で在る。

 ジャンバーを着込んで、買い物方々、西コースの周回とする。A中学の校庭も全候型の人工芝の完成で、校庭一杯でのフリスビーゲームで在ったり、横の高校体育館では体育授業のドシンドシンの運動音が響き渡って居る。護国神社さんの横を行くと、鳥の大群で在る。紛れも無くイカルの群れで在る。先日の米屋さん行くの時に大群を為して居たイカル達は、この一帯に居座って群れ飛びして居るのだろう。

 買い物の帰りはS大球場に入って、練習試合を少し見て来る。歩きを止めると、流石に寒い。此処は昔市営球場で、塀を乗り越えてキャチボールなどをしに来たりして好く遊んだ場所で在る。大学のキャンパスの一部に成って、塀は取り除かれて居る。こんな小さかったのかと、驚くと同時に、管理の目を搔い潜って、好く遊び回って居た物で在る。

 試合の方は、流石に国立大学の野球部らしく、ユニホームと掛け声は一人前で在るが、下手連の野球で在る。外野への凡フライが、2塁打と成って、加点されて行く有様で在る。

 まぁ、それでも白球目掛けて、全力で走れる若さは羨ましい限りで在る。孫のボールを追っても、体が付いて行かないので在るから、惨め丸出しの古希坂住人で在る。人生100歳時代と吹聴されるが、人間走れ無く為れば、躍動する肉体の快感は無く為る。躍動する肉体の感動、快感の喪失は困った物で、これが野生界なら、狩る立場から狩られる他無い。

『七人の侍』で、農民に野武士と闘う術を教える加東大介の一台詞に、『走れ、走れ!! 走れ無く成ったら、殺れる。殺れるのが嫌だったら、走れ!!』発破を掛けられて、左卜全が、ヒィヒィして走って居たシーンが浮かんだ次第で在る。とほほ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!