FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・アリャリャ、お天気が変わって来た為り。

              アリャリャ、お天気が変わって来た為り。(3/10/19)
 昔の白黒映画は好い。名優の短い台詞に込めた顔、目の表情が、教えて呉れる物で在る。そして、題名が好かった。『若い2人に幸あれ』で在る。笑うも、拍手するも、そうだそうだと感涙するも、独居ロートルで在るから、誰憚る事も無くストレートに映画の中に身を置く事が出来る。独り身の在り難い側面で在る。

 今の時代は兎に角、喋り過ぎる。喋り過ぎると、行間を読もうとする気持ちが育って来ない。自分で考える力とか、共感力とか、共通意識とか、寄り添いとか、耳当たりの好いスマートな言葉が流行語の様に発言されるのだが、その割には、世の中は良く為らないのは如何した物やらと、真面目に考えて仕舞う次第で在る。あはは。

 より広く、より深く、より正確、より親切に・・・etcで、サービスが過剰に為り過ぎると、受け身の気楽さに胡坐を掻いて仕舞うのが、お恥ずかしき人間の群集心理と云う物で在る。

 然しながら、『只ほど安いもの無し』が世の倣いでも在る。数式、計量化の進んだ社会で在るから、需要・供給バランスにも人為的なマーケティング手法が一般化して、需要喚起・創造と称して、流行と云う商品回転力を押し付けて居るのが、マーケティング手法のパターン化と云う物なのだろう。

 何事も過ぎたるは自滅の道とやらで、世には『依存症』為る言葉も在る次第で、金、地位、見栄、ファッション、ブランド、アルコール、キャンブル、情報、女、男、人・・・etcで、それは広範に及んで居るらしい。

 斯く云う私にした処で、過去&長駄文の愉しみ人で在る。捨てる神在れば、拾って下さる神在りで、人は独りでは生きられない。他人の支えが在ってこその生活営みで在る。『気は心』に籠った言葉を頂戴する事で、人は決して孤独では無いと気が安らぐ物で在る。

 本日は、無風の好天で在る。今月は春分の日で在るから、お天道さんの運行も大分、上がって来た。廊下の陽入りも、南に後退して来た。植物にとっては、お天道さんの光は御馳走で在る。鉢植え物、鳥籠を外に出して遣る。鳥籠の糞は削いで、「気は心」で苺群に散布して遣る。これで春で在ろうから、水道管のヒーターの差し込みを抜く事にする。

 好いお天気さんに、ノロノロして居る内に、朝の青空は何時しか、風も出て来て、薄曇りの曇天に移行して仕舞った。遺憾いかん、昼に成っても、目の痒みと鼻水が止まらない。本日日曜日に便乗して、日課散歩は結果論として、別本に移ってのアリバイ工作をして置くと致そうか。

  さてさて、腹も空いて来たから、朝飯としてボチボチ一日をスタートさせると致そうか。
         季節の到来と云えども、花粉症は遺憾いかん・・・。

 風呂に入ると、体細胞が活性化して来た。偶には湧水を汲んで来ると致そうかで、ペットボトルを洗って、自転車で清水の井戸に向かう。先客が一人居たので、湧水池の錦鯉を見ながら待つ。家に居るよりも、外の方が温かい。

 上り勾配の帰り道、ひいこらのペダル漕ぎに本日の運動とするが、対岸の小母さんの健脚振りには、見る見る内の差が付いて行く。衰える我が身を振り返れば、これからの事故に電動自転車のスピードの出し過ぎなどと云う見出しが付くのかも知れない。

 さてさて、雨に成るとの由で在ったから、雨の降る前に少しだけでも洗濯物を干して置くと致そう。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!