FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・渡りヒヨドリに,雨のち晴れ為り。

              渡りヒヨドリに雨のち晴れ為り。(3/13/19)
 薄暗い曇天の朝で在る。本日は低気圧の通過との由。掃除序に布団を空気に当てるか否かを考える。其処でTが云った。「寝小便した訳じゃ無いんだから、20~30分も干せば、充分だってよ。」へへへ、仰せの通りにする。

 小部屋のコタツでモーニングコーヒーをして居ると、庭にヒヨドリ10羽程の騒々しい空中戦が始まった。渡りヒヨドリが集団で南天の赤い実を啄みに侵入して、それを居付きのヒヨドリが駆逐しようと空中戦が始まったので在る。

 これは好い機会なので、観察をさせて貰う。総じて、渡りヒヨドリは体色が薄く、スマートの様で在る。それにしても縄張り維持行動とは本能とは云え、凄まじい物で在る。それでも相手が渡り集団で在るから、それなりの啄みが終わると、跡形も無く、何処ぞへと姿を消して仕舞った。

 風も出て来た。30分も経過して布団の外気当ての最小限時間も経過出来たので、取り込んで置くと致そう。タイミングを逸して、天から小便を引っ掛けられでもしたら、身も蓋も無い。

 布団を取り込んで、飯後は風呂&洗濯と致そうか。一服付けて居ると、先程の渡りヒヨドリが3羽程戻って来て、南天の実を啄みに現われた。成る程、此処の方が、餌が在ったと云う事なのだろう。今度は、1羽がミネゾの枝に止まっての『見張り役』をして、2羽が枇杷の花を啄んで居る様子で在る。見張り役が飛び立つと、枇杷の中から4~5羽が飛び立った行った。生き物行動は、鳥も人間も変わらない構図の様で在る。餓鬼の頃の集団果実の盗みを、思い出した次第で在る。

     へへへ、雨が降って来た。こりぁ、本格的で在る。さてさて、朝飯と致そうか。

 和辛子をたっぷり載せて、熱々のオデン朝食とする。和辛子たっぷりのオデンの頬張りは、ご存知勝新の座頭市を真似ての、熱々、効く~!!の再現で在る。

 ラジオを聞きながらの、長風呂&洗濯機回しをして上がって来ると、お天道さんの顔出しでは無いか。これも、日頃のお天道様信仰のご褒美なのだろう。

 ネットを見て居ると、中狂、北朝鮮、韓国の事が目白押しで在る。ギャンギャン騒ぎ立てる毒亜圏に、機は熟して来たので在るから、そろそろ一発カマせて遣るのが、国際社会の一員たる日本の役目で在る。
 毒亜圏の国民性が国民性で在るから、『懲りない性分』で在ろうが、そうそう、騒ぎ立てる相手に手の内を見せるのは得策では無いと云うだけでは、狂犬病の野良犬達を放し飼い、跋扈させるのみで在る。
 最近では『豚コレラの殺処分』も在ったでは無いか。勿論、家畜処分の防疫(ぼうえき)策を人間に施す訳には行かないが、国会でチョロリと出た、関税、ビザ発給停止、送金停止・・・etcの貿易(ぼうえき)処置をするのが、真っ当な大人の対処法で在る。

 放置と法治の違いすら解ろうとしない、漢字を捨て去った朝鮮半島には、病原菌駆除の防疫と貿易処分の共通性を実感させて遣らねば、法治を知らしめる『国際法治教育』には為らぬ次第で在る。へへへ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!