FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日も、お天気さん為り。

             本日も、申し分の無いお天気さんの始まり為り。(3/27/19)
 私も偶には、女族に文句を言って見るのも効果が在る物の様で在る。今朝は、ヤナに歓迎のキッスを頂戴して、ウハウハの夢見で在った。これからと云う処で、廊下鳥の一斉のチャチが入って現実の朝に戻されて終った。

 さぁ、起きるかで、この処の肉体労働の負荷を解す為に、念入りに前後左右のバッコン腹筋体操を施して、起床とする。へへへ、Tに云わせると、私は慎重な男と云うし、孫の小童子は、元気に積極的なのだが、最初の行動は慎重な性格との事らしい。父親からは、観察力を養えとの教育を受けて居るとの由。まぁ、其々に、妖怪様の遺伝子を受け継いで居る4代の現れなのだろう。そして、女好きの処は、多分、親父の遺伝子に依る物なのだろう。

 日の出前の一時をモーニングコーヒーで、歌謡曲を聴きながら庭を見て居ると、昨日に引き続いて、立派な体格のキジバトが庭通路に遣って来て居る。

 今年の家庭菜園の畝には、種が蒔かれて、たっぷりのジョロ散水を施した次第で在る。
春スタートの道産子農耕馬作業も、無事に腰痛に遭わずにボリュームを持って完了した。当然、それなりの肉体負担は掛かって居るが、終われば堪能感が優先して居る。

 これからは、暖かさも増す次第で、ジョロ散水で浮かび上がる小石拾いなどをして、芽出しを待つなどの春モードに移る訳で在る。川も温んで来れば、陽気に誘われて長靴散歩で暇潰しの竿遊びも間に入って、外で過ごす時間が多く成って来る。川面に桜が浮かび流れ始めれば、テンカラを振るって、今年初のヤマメ釣りの快感にも出会えると云うもので在る。

 本日は、そんな充実感を持って、朝食、入浴後は、ホームセンターのグリーンコーナーまで散歩方々、芍薬苗などを見て来ると致そう。気分に依っては、水原弘の黄昏ビギン、黒い花びらでも探して来ると致そう。

 10年以上週に一度のお互いの親介護生活での、爺っさ、婆っさへの悪口放題の息抜き・スタバコーヒー後のホームセンター、大手スーパー寄りで在った。柄の悪い親父のツルミで在ったが、そんな事を繰り返して居る内に、Tがニヤニヤして云った物で在る。

「俺達も歳だなぁ、Rとグリーンコーナーを見て回ってさ、野菜を作る老後なんて、想像も出来なかったのになぁ、人間、歳を取ると角が取れて、丸く為るもんだな。カカアも驚いてるよ。Rさんと付き合うと、父ちゃんも変わるもんだと感心してるわ。グッピィ飼ったり、キリギリス飼ってさ、トマト、苺、キュウリ、ナスだもんな。アハハ!!」

「そうかい、何しろ、俺ぁ花鳥風月を愛でての人畜無害の世捨て人暮らしだからな。世間の煩悩から解脱すりぁ、人間も枯れて来て、お釈迦さんに近付けるってもんさね。人の一生は、無から生じて無に還る。円の世界だぜや。女不要の境地に達し無きぁ、人生を閉じられんわね。」

「あら、しょうお。Rを知ら無ぇ人間に、言葉だけを聞かせりぁ、コロリと騙されるんだろうけど、俺の前じゃ、そんな無駄事は一切通じ無ぇわさ。あたら詐欺師の才能を使えず終いで、道を誤ったって事だ。歴史に残る色詐欺師に為れたものをさ。それを世間じゃ、『宝の持ち腐れ』って云う訳さ。Rは惜しい事をしたもんだぜや。あい~!!」

「何を扱きぁがる。俺が人生の奥義・円の人生観を教えたのに、人間煩悩への固執なんざぁ、往生際の悪い証拠だぜや。昔から円は丸いと云うじゃないか。歳相応の円やかさを持たないと、社会貢献は出来んぞな、もし。」

「これだから、Rは病気知らずで、長生きする訳だわ。羨ましい限りの口から出任せ男ってもんだな。」

「あいあい、そうだんね。自分に消化出来ない難問には近付かないのが、若さと健康のコツだんね。柵から解放されたら、戯けに徹するのが人間知恵だいね。あい~!!」

「今日も遣っちまったなぁ~。Rの馬耳東風、柳に腕押し、糠に釘打ちで、反省は猿でも出来るって話だけどさ・・・。困ったオイサンだぜや。あい~。俺が死んだら、こんなブレーキの壊れた男の制御をして遣るのが居なく為っちゃうから、それが気掛かりだぜや。」

「大丈夫、大丈夫。俺は幸い記憶力だけは自負して居るから、Tの有難い教えは、繰り返し反芻しながら、真っ当な寂滅道を進むからさ。へへへ。」

「そうか、Rは頭の良い、慎重な男だから、安心してるけどさ。一生のベストフレンドだと思って居るから、俺の方が先に逝くから、それが有難いと思って居るんだ。へへへ。」

「うん、生まれた以上、心友で在っても、どちらかが先に逝く訳だからな。それが、避けては通れん人生って奴でな。詮無き事は、考えるに非ずって事だろうな。解ってるぞ。」

「まぁ、早く云えば、そう云う事だな。」

 何処で如何間違えたか、嘗てのTとの交流場面の中に居た次第で在る。いやはや、面倒見の好さは、全然変わらないTのニヤ付きで在った。

 さてさて、魚を焼いて、味噌汁を作って朝飯、入浴・洗濯をして、散歩に春を見て来ると致そうか。本日も好いお天気さんで在る。

 浴後は、久し振りの散歩で在る。手ぶら歩きがこんなに楽で気分の好い物とは思わなかった。芍薬の高さにパスして、テープコーナーは無かったから、その分、カサブランカの球根を4種買う事にする。此処まで足を伸ばしたから、大手スーパーレジ打ちの丸ぽちゃ和み美人の奥さんの顔でも見て行く事にする。

「あら~、久し振り。元気にしてた? あれあれ、カサブランカの球根をこんなに。私はチューリップの球根を深く植え過ぎちゃって、未だもがいちゃってるわ。」
「あっそう、好い事聞いたわ。深さに注意って事だ。」
「暖かく成って来たから、種を蒔いたり、雑草抜いたり、石を拾ったり、楽しみが増えて来るから、健康にも好いしね。」

 帰りの道すがら、雄のジョービタキを見付けた。今年は、未だ北帰行をして居ない様で在る。早速、球根7つを間隔を取って、穴を掘ると丸で土厚が足りない。しゃ~無い。上を脱いで、バケツとスコップを持って、川運びに汗を流す。何の事は無い。本日もバケツ7杯の道産子振りで在る。

    へへへ、これで4種のカサブランカも、吾が家の住人に成って呉れる事だろう。

 おやおや、作業後はお天気さんの変わりで在る。好いタイミングと云うか、好い様にお天道さんの御意通りの運びと云うより他無い。水は雨から頂戴するのが、土に浸み込んで落ち葉分解を促進させて呉れる次第で在る。アハハ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!