FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・今月二度目の早朝散歩為り。

              今月、二度目の早朝散歩為り。(5/4/19)
     左様で在るか、今日も暑く成り、午後には一時激しい雨とは、好都合では無いか。
廊下鳥に起こされて、案の定5時で在る。明るく成った早朝を眺めながら、ラジオを聞く。本日は、緑の日との由。モーニングコーヒーと煙草のショート吸いで、成る程、庭は緑と花で在る。

 ニュースでは韓国の労働組合が徴用工の像を設置して、日本大使館前の通りを『抗日通り』とするそうな。労働組合も余程する事が無いと観える。以前、少女慰安婦像ビジネスと云うネット動画を見た事が在る。

 それに依ると、設置周辺企業、団体、名士に協賛金の名目で寄付を募るそうな。それは1000万で像購入費、設置費で原価は350万で在るから、650万の粗利益が市民団体の手に入ると云うのが、ビジネスのカラクリとの由。慰安婦像、徴用工像はいずれにしても、市民団体の高収入源と為って居るとの由。協賛金を拒否すれば親日派と目される。協賛金は踏み絵としての必要費で、何無くビジネスは成功して、次から次へと韓国内に設置されて行くと云う。

 いやはや、時代劇で見る○○党、★★組が抜刀して大店に乗り込んで、御用金、調達金を口実に、金品を毟り取って行く手口と同様では無いか。

 差し詰め、そんな不逞の輩が跋扈すれば、日本では『七人の侍』、西部劇では『荒野の7人』が登場する筈なのだが、毒亜圏では、『親日罪』の政府お墨付きが控えて居るので在る。そんなお墨付きが在ろう物なら、空かさず天下の福将軍・水戸光圀の『葵の印籠』の下に、控え居ろうの一件落着の国民性なのだが。

 これを称して、毒亜文化圏、両班文化と云うより他、呼びようが在るまい。告げ口外交、像設置ビジネスと、カラス何故無くの、カラスの勝手でしょうでは、国際評価も内政経済も立ち行かなく為るのも、当然の成り行きで在ろうに。

 馬鹿は死んでも治らない森の石松は、男気風の好さが浪曲に映画に人気を博して居る次第で在るが、民度の低さ以上に、根性の下劣さには、何をや云わんかの沙汰で在る。

 日本のマスコミ、コメンター人も、韓国の像ビジネスの実態、カラクリを検証して、それが事実なら、日本にとって遺憾報道は、国際問題から一気に韓国国内問題と為って、国際的排日・反日の言い掛かりは、毒亜圏にとっては世界からの孤立化と恥の上塗りと凋(しぼ)んで行くしか在るまい。

 さてさて、6時半のラジオ体操のお時間で在るか。庭の健気な植物達に、朝のご挨拶をして来ると致そうか。

 外に出れば、清々しい空気と早朝の静寂さで在る。自然と足が進む。今月は、早くも二回目の早朝散歩の態で在る。河川敷は露に濡れて居るから、土手道を行く。人、車に対する注意が殆ど無い無い次第で、木々、花壇、庭の様子に目が向く歩きで在る。

 知らず知らずの内に、通常の周回コースに従って仕舞うのが、習慣と云う物で在る。岡の宮神社のお祭りで、住人の人達が注連縄を設えて居る。私の前には歩行車を付けた座敷き犬の散歩をして居る女飼い主さんで在る。足には、オレンジの靴が履かされて居る。

 これからは、昼散歩は体力の消耗で在る。夜散歩に移行して行くのが例年では在るが、今年は朝告げ鳥との同居で在るから、早朝散歩に為って行くのだろう。帰って来ても、家の中よりも外の空気の方が美味い。雑草、小石拾いをしたり、枇杷の落ち葉を拾い集めて、キュウリの上に敷いて、乾燥防止とする。

 さてさて、本日は妖怪様の月命日で在るか。仏壇に茶、供物をして燈明、線香で、チィ~ン、南無阿弥陀仏をしてから、朝飯の用意をすると致そう。家を守り、仏壇を引き継ぐとは、そう云う物で在る。へへへ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!