FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・遣らねば、進まぬ為り。

                   遣らねば、進まぬ為り。(5/10/19)
 5時で在るか・・・。ふーむ、遣るしか無いか。嗚呼、面倒な事では無いか・・・。此処でヘコたれたら、男が廃れる。しゃ~無い。遣って見るか。

 ライフワークとは、そう云う物で在る。世界史通読の読み返しはスローダウンさせて、云わば頭の歩留まりを基に教科書の記述との『対話』して居る段階に進んで居る。

人間、覚えると云う一方通行から脱すると、それなりに自分観が芽生えて来る。そう為ると、色んな観点から、総合的な歴史のうねりの中に因果関係と云うか、方向性を自分為りに押さえて行きたいと考える物で在る。

幼児~少年期がそうで在り、青年期以降が自分軸が備わって来て、お役御免の日々と為ると、深く知りたいと云う知的回路が出て来るのだろう。まぁ、これも自然の成り行きなのだろうし、する趣味が在って幸せと云う物で在る。

 そんな次第で、モヤモヤして居た西洋史の11C~17Cのキリスト教世界の絶頂期=十字軍と衰退期=宗教革命、宗教戦争の終結=ウェストファリア条約の6Cを、農業生産力の向上、人口増による植民活動、市、交易都市の発展、バルト・北海、地中海交易網、大河による内陸交易網の発展、異文化イスラムとの文化衝突、十字軍中継地によって大台頭したイタリア交易都市。

 14C~16Cのルネッサンス期、大航海時代に始まる世界一体化、その前のモンゴル帝国の出現、金融・商業資本を貯わえた大商人による都市貴族の出現、英仏の百年戦争、大規模農民一揆、フス戦争、ルター、カルビン、ユグノー戦争、ポルトガル、スペインの台頭、ネーデルランド独立戦争、独宗教戦争の30年戦争。

 16Cのヨーロッパの一般的危機の1C・・etcと歴史単語を覚えるだけでは済まされない『自らが考える事』が、目白押しに並んで居る時代区分で在る。

 中世キリスト教世界を象徴する出来事では1077年のカノッサ事件、1303年のアナーニ事件、教皇のバビロン捕囚、教会大分裂時代。

 ワルドが先鞭を付けた教会制度批判、宗教革命、宗教戦争と宗教に名を借りた社会体制の旧体制から新体制への激動期で在った訳で在る。それを中国史に準えれば、一治一乱の様相では在るが、西洋史の進歩性と中国史の一治一乱の循環性の違いは、文明の壁とも云える。

 中世キリスト教の聖書は、ラテン語聖書で在る。中世キリスト社会、世界の知的指導言語はラテン語で在る。一般大衆が近付けない知的空間がそうで在るから、聖界と俗界の民衆の介在役として、絶対の権威を以って君臨して居たが聖界階層で在る。何事も独占体制には腐臭が立ち込めて来る。聖界世俗化の行き過ぎには批判の狼煙が挙がる。それがラテン語聖書の母国語訳で在った。秘密のベールが剝されて仕舞えば、聖界の独占販売権は揺さぶられる事に為る。益してや絶頂期の十字軍遠征は失敗の200年の幕を閉じ、騎士とローマ法王の権威を失墜させた。

 聖署の母国語訳が民衆に出回れば、それまで確固として君臨出来た聖界のイカサマ性が暴露されて来るのも道理と云う物で在る。

 現代に準えれば、それはマスコミと大衆の関係と同様で在る。情報独占、編集権を持つマスコミが高学歴社会の下、PCの普及で今までの一方的情報の受け取り側が、ネット社会に於いて、受信者兼発信者の地位を獲得した訳で在るから、マスゴミのフェイクニュース振りが露見した現代と同様と云って好かろう。所謂情報弱者が、情報選択者にステージ替えしたのと同意で在ろう。

 ラジオでは、米中の貿易戦争の対決会議が始まったとの由。人間、呆けずに長生きをしないと、損をする時代で在る。へへへ。

 世界が一体化を促進すれば促進するほど、文明文化の衝突は避けられない。イスラム在りして、フランク産まれる。フランク在って、西洋誕生す。十字軍在りして、ルネッサンス誕生す。ルネッサンス在りして、キリスト教中世の岩盤に風穴生ず。モンゴル在りして、世界一体化の道開く。小国ポルトガル、地中海に出れず、未知の海に航海す。新航路見付け、太西洋、インド洋が世界の海に替わり、世界一体化に拍車が掛かる。

 時代軸を継承するのが、人間社会で在る。時代軸の方向性を示す処に、過去現在未来が内包されて居る次第で在るから、現在を生きる人間には、歴史認証は避けて通れない現在事象の思考回路で在る。

 いやはや、思考回路は妄想回路専用にして置きたいのが本音では在るが、面倒な思考回路も併存しているらしく、困った御下命で在る。ラジオを聞きながら、市場お薦めの初ガツオの回遊魚カツオの生態に吃驚したり、消費税賛成学者の、如何して消費増税を先送りする愚を犯そうとして居るのかとの話だとか、米中経済戦争の解説を聞いたりのPC打ちで在る。今日も好いお天気さんで在る。

 さてさて、朝飯前にジョロ散水をして置かねば、文句を言われそうで在る。長駄文はこの位にして、朝の一運動を致しましょうかね。へへへ。

 水遣りをして居ると自転車通学の女子高生から『お早う御座います』の挨拶を頂戴して仕舞った。好い感じの美人さんでは無いか。嗚呼、タイムスリップしてお付き合いしたく為って仕舞う。若い女性は羨ましい次第で在る。<ラブ・イズ・オーバー、ヤング・イズ・オーバー、ナウ・イズ・ナウ、諦めるだけよ。それが人生よ>ってな物で在る。とほほ。

 風呂の残りでジョロ散水を万遍無く運び終えて、朝飯とする。水分を得て蘇る庭の花と緑で在る。外回りの川水汲みに行くと、大ヨシキリの声で在る。昨日は家に雀が一匹入り込んで、外に誘導するのに手を焼いた次第で在る。シジューカラ、雀、ヒヨドリ、キジバトも家に入っても、無傷で外に戻れるので在るから、流行り言葉で云えば、この家は人間と自然界とのシェアハウスと云う物で在ろうか。

 見事に蘇った山ツツジの垂れ幕に並アゲハが蜜を吸いに来て居る。さてさて、私も入浴してお肌の保水をして、昨日買い忘れて仕舞った物の買い方々、スーパーまで歩いて来ると致そうか。家に居るのは勿体無いお天気さんで在る。へへへ。

 浴後は久し振りにドライブに行く事にした。途中で同級生のパン屋に寄って、パンとミルクでドライブをすると致そう。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!