FC2ブログ

記事一覧

長駄文館・・・本日も、夏日との由為り。

                 本日も、夏日との由なり。(5/13/19)
 何、今日も夏日かいな。雨が降りませんなぁ~。便利なベンリ菜が採り頃と成って、日々数を減らして行く次第で在る。ミツバは葉の千切り採取として居るから、独り食卓の具としては毎日消費しても株数が在るから、ローテーションが効いて居る。

 ベンリ菜は土との相性が合って居るらしく、毎年立派な生りをして呉れる。種を買って置いたから、現在のスペースは芽出しインゲンに譲る事にする。シュンギクとホーレンソーを捲いた畝には、ホーレンソウが殆ど芽を出して居ない。然からば、その部分の有効活用を思い立つ。熊手の形をした草掻きで地面を引いて見ると、落ち葉の腐葉土化が進んで居るでは無いか。

    朝のウォーミングアップには丁度好い。昨日を振り返りながらの土弄りを開始する。

 昨日の午後は世界史勉強をして疲れて、切り上げようとして居た処に回覧版が回って来たので、火に入る夏の虫で在る。上がって、絵でも見て行くかいと云うと、じゃ、新しい絵も在るでしょうとの事で、六畳戯画廊でのコーヒータイムと相成った。

 私が高校時分には学校から帰って来ると、上の女の子が毎日の様に遊びに来て居た物で在る。聞けば、姉と弟で我が家の庭で遊んで居たとの由。両親とも小学校の教諭で三代目で在る。そんな頃の話から始まって、話が弾んだ。勿論、ブラックコーヒーの友は、私の自家製100%の吊るし柿で在る。お土産に堅大根の沢庵漬け一本で在る。

 晩飯前にジョロ散水を配り終えて、インテリ先輩推奨の小六・東あきさんの懐メロ動画に聴き惚れる。河川敷ベンチトークで触れられて居た動画らしく、最後のアンコール歌は『ギヨマンテの夜』で在った。遠藤実大賞の賞金は5000万円だったとの由。

 違う動画では、どんな先生に習って居るかのシーンが在って、それに依ると世界に通じる歌手を目指して、日本、世界の名立たる先生の指導を受けて居るとの由。

 それまではYouTubeが先生だったとの由で在るから、その賞金で超一流の指導を仰いで居ると云う事なのだろう。凄い天性と同時に天性の努力心が備わって居る感じがして、大納得の態で在った。天性、努力、確りした将来像と天が見込んだ才能とは、そう云う物なのだろう。こう考えると、神は存在しないが、天は確実に存在する思いを新たに出来た次第で在る。

 次に東京大衆歌謡楽団の路上、境内ライブ動画を観る。ボーカル、ベース、バンジョー、アコーデイオンを四人兄弟でする一座で、それに年寄り二名のギター、小太鼓、ハーモニカが入るレトロ感覚で日本歌謡曲の名作をライブして呉れる一座で在る。ボーカルを担当する長兄さんの独特の節回し、歌唱力、所作が、懐メロでは無くレトロの雰囲気を醸し出して居る。所謂大道芸を目して居るらしく、お代はテーブルに置かれたハットの算段に為って居る。

 私は古希坂住人の懐メロ世代で在るが、彼等のレトロ演出には兄弟の感性の中に在る日本の善き時代のレトロ調を選んだ内面性を想像させて、精神の揺り戻し期が始まって居るの感じすら覚える次第で、御代替わりの令和が、遣唐史を廃止して国風文化の形成に通じた平安朝の時代感覚にも思いを馳せて呉れる次第でも在る。その感性が『東京大衆歌謡楽団』の命名に繋がって居る訳で在ろうから、大した兄弟の時代を見る『眼力』に脱帽して居る次第で在る。テレビに出ずに、自分達の路線を自然体で進めて行って貰いたいとエールを贈る次第で在る。いやはや、インテリさん兄弟では無いか。へへへ。

 そんな動画のお時間を終了して、晩飯の支度に掛かろうとすると、教会の元町会長の奥さん=私と同い年が、居る~と云って、筍の差し入れをして下さった。お礼に吊るし柿をお渡しする。この地方の筍は、山菜にして市販物とは違って、細く長い物で在る。

   私にとっては、手料理は創作料理の範疇で在る。さてさて、如何するの愉しみで在る。

 鶏の胸肉の甘醤油漬けが在ったから、それを炒めてチクワを入れて、サッと七味唐辛子を振って、茹でて在る山菜筍を炒めて、コンソメ風味の甘辛煮とする。出来上がって、味見をすると筍の甘味が際立って、成功例と相成った次第で在る。

 回りからはマメと驚かれるが、私としては時間が在って、好奇心さえ在れば、自然とそう為るだけの事で在る。人間、何かを与えられれば、その中で在るを以って、何かを創造して見たく為るのが、人間の知的行為と云う物で在る。人間、何かを考え、作って見る。考えた事と出来た物との予想の合致、乖離を遊び感覚で、反省と云う抽斗(ひきだし)に入れて置く。

 こんな極普通の人間回路をマズローの欲求五段階説と活字上の知識に眠らせて置くのは、真に技量無き者が云う台詞で在る。作る工程は自己実現行為で在り、幸い好評を頂戴すれば、それは最高位の社会認知に到達するだけの、当たり前のマズロー論に帰結するだけの事で在ろうに。

 まぁ、そんな頭の体操をしながら、ベンリ菜再生産の種蒔きをして、たっぷりのジョロ散水を施した次第で在る。本日の散歩方々のスーパーでは、インスタントコーヒーを買って来ようと思いつつ、買い忘れが続いて居る。

 入浴後はコスコまで足を伸ばして、干物食材を仕入れて来る事に致そう。日々進む健忘症の悪化状況で在るからして、インスタントコーヒーのメモ書きを持って行く事に致そう。物忘れが昂じて仕舞うと、世間様から相手にされなくなって仕舞うのが落ちで在る。へへへ。

 浴後は下に向かって行くと、インテリ先輩さん下から歩いて来る姿で在る。民宿旅館の脇でお待ち申し上げる。
「え~え、賞金額は5000万じゃ無くて、50万円!! 行けねぇ、ブログに嘘打っちゃった。投稿前に削除、打ち直しをしなくちゃ。でも、最大級の褒め文章を削除するのも癪だから、買い物散歩をして帰ったら、訂正しとか無きぁ、恥を掻かずに済んだって事ですわ。」

 本日も夏日の炎天下に暫しの懐メロ談義で盛り上がって仕舞った。いやはや、岡の宮神社の縁日一人ライブ繋がりから、天才少女歌手・東あき⇒東京大衆歌謡楽団の展開で、話のタネが拡がった次第で在る。

 Tシャツの上に直ぐ脱げる様に薄ジャンバーを着て来たが、暑い限りで在るが、ジャンバーを脱げば、直接にモスグリーンのTシャツが集熱効果を発して仕舞う。白いジャンバーで在るから、おいそれとは脱ぐ訳には行かない。

 コスコに行くと、諦めて居たイカ耳フレークが在った。工夫次第では保存の効く重宝物で在る。纏め買いで3袋ゲットして置く。駄菓子、缶詰め類、メーンの詰め替え用インスタントコーヒーを買って大学正面のコンビニで煙草を一箱買って、大学構内を横切って帰って来る。レジ袋2つを下げての構内横断では在るが、私にもこんな時期が在ったのだと、大学時代の友人達の顔を思い出しながら、大学生達の雰囲気を借景して来た次第で在る。

        ラジオでは、雨の期待も出来そうらしいが、如何なる事やら・・・。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アガタ・リョウ

Author:アガタ・リョウ
FC2ブログへようこそ!